鶏とゴボウのしょうが味噌焼き

スポンサーリンク

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き

料理名 鶏とゴボウのしょうが味噌焼き
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト スザンヌ
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年12月15日(月)

 

コメント

簡単スピードメニューということで、「鶏とゴボウのしょうが味噌焼き」の作り方のご紹介です。簡単なのに時間をかけて作ったような味わい深い仕上がりの一品です。そんなに煮込んでないのに、厚揚げの中までちゃんと味が入ってますね。しょうがみそがおいしい。おしゃべりしないで黙って食べたいくらいです。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鶏とゴボウのしょうが味噌焼きの材料(2人分)

 

鶏もも肉 1枚
ごぼう 100g
厚揚げ 1個
ピーマン 1個
青ねぎ(小口切り) 1本
適量
黒こしょう 適量
適量
しょうがみそ
赤だし用みそ 15g
みりん 大さじ2
大さじ1
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
おろししょうが 10g

 

 

鶏とゴボウのしょうが味噌焼きの作り方

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き1、鶏もも肉(1枚)は筋を切って一口大に切り、塩(適量)、黒こしょう(適量)をふる。

 

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き2、ごぼう(100g)は5mm幅の斜め切りにし、水にサッとくぐらせて水気をきる。

 

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き3、厚揚げ(1個)とピーマン(1個)は一口大に切る。

 

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き4、ボウルにしょうがみその赤だし用みそ(15g)、砂糖(小1)、みりん(大2)、酒(大1)、しょうゆ(大1)、おろししょうが(10g)を合わせる。

 

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き5、フライパンに油(適量)を熱し、鶏肉を皮目から中火で焼き色をつけ、ごぼうを加えて透明感が出るまで火を通す。

※鶏肉の皮目は香ばしく焼く。

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き6、(5)に厚揚げ、ピーマンを加えてサッと炒める。

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き(4)を加えて強火で焼きながらからめる。

※しょうがみそは強火で焼いて香りを引き立てる。

鶏とゴボウのしょうが味噌焼き器に盛り、青ねぎ(小口切り 1本)を散らして、鶏とゴボウのしょうが味噌焼きの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ