鯛の洋風茶漬け

スポンサーリンク

鯛の洋風茶漬け

鯛の洋風茶漬け

料理名 鯛の洋風茶漬け
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
ゲスト 谷原章介
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年1月6日(水)

 

鯛の洋風茶漬け

なるほどクッキング~鯛を味わうというテーマで「鯛の洋風茶漬け」の作り方の紹介です。鯛に赤飯、パルメザンチーズと意外な組み合わせがおいしさのポイント!「合います。このたいは一等賞ですね。幸せの味ってこういうこと言うのかもしれませんね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鯛の洋風茶漬けの材料(2人分)

 

たい(刺身) 60g
赤飯 160g
ごま塩 適量
韓国のり 3枚
パルメザンチーズ(粉) 大さじ1
バージンオリーブ油 大さじ1
ブイヨン 250ml
あさり 8個
ごぼう 15g
アスパラガス 2本
適量
こしょう 適量

 

 

鯛の洋風茶漬けの作り方

1、赤飯(160g)は600Wの電子レンジで30秒加熱する。

-

2、あさり(8個)は砂抜きして殻をこすり合わせて水洗いし、韓国のり(3枚)は適当な大きさにちぎり、アスパラガス(2本)は斜め3cm長さに切り、ごぼう(15g)は斜め薄切りにする。

-

3、赤飯にパルメザンチーズ(粉 大1)、韓国のり、ごま塩(適量)を混ぜ、2等分して円形に整える。

※赤飯にチーズを加えて焼く。

-

鯛の洋風茶漬け4、フライパンに分量のバージンオリーブ油(大1)を熱し、(3)の両面を中火で2〜3分焼き、器に取り出す。

-

鯛の洋風茶漬け5、(4)のフライパンにブイヨン(250ml)、あさり、ごぼう、アスパラガスを入れて蓋をし、中火で3分火を通し、塩、こしょう(適量)で味を調える。

-

鯛の洋風茶漬け6、赤飯の上にたい(刺身 60g)をのせ、(5)の具材を盛り、スープを熱くしてかけ鯛の洋風茶漬けの完成。

※熱々のスープでたいに熱を加える。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

第3位

ちょっと和風☆ 「鯛のバター醤油ソテー」

ちょっと和風☆ 「鯛のバター醤油ソテー」

皮がパリパリで身はふっくら。鯛のバター醤油ソテーです。下味を付けて冷蔵庫で一夜干しすると独特の生臭みがなく、旨味が凝縮します。

第4位

☆白身魚のマヨ焼き☆

☆白身魚のマヨ焼き☆

コクのあるマヨネーズソースはいろいろな料理に使えますよ!(^^)!

このページの先頭へ