鯛の木の芽揚げ

スポンサーリンク

鯛の木の芽揚げ

鯛の木の芽揚げ

料理名 鯛の木の芽揚げ
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 谷原章介
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年1月4日(月)

 

たいを木の芽と揚げて

なるほどクッキング~鯛を味わうというテーマで、「鯛の木の芽揚げ」の作り方の紹介です。年のはじめに鯛を味わいます。衣に木の芽を加えて、鯛に香りを添えるところがおいしさのポイント!「たいの身がやわらかいですねぇ。素晴らしいわぁ。ん~お正月の最初に、谷原さんと一緒にたいを食べるなんて、こいつは春から縁起がいいわい!」とご機嫌の上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鯛の木の芽揚げの材料(2人分)

 

たい(皮つき) 250g
そら豆 6さや
木の芽 20枚
適量
小麦粉 適量
揚げ油 適量
(天ぷら衣)
100ml
卵黄 1個
小麦粉 60g
片栗粉 25g

 

 

鯛の木の芽揚げの作り方

鯛の木の芽揚げ1、たい(皮つき 250g)は1.5cm厚さのそぎ切りにし、薄く塩(適量)をふって15分置く。

※たいは薄く塩をしてクセを抜き、旨みを引き出す。

-

2、そら豆(6さや)はさやから外して薄皮をむき、木の芽(20枚)は粗みじん切りにする。

-

3、たいは水(100ml)で洗って水気を取り、薄く小麦粉(適量)をまぶし、そら豆も小麦粉(適量)をまぶす。

-

4、ボウルに天ぷら衣の水(100ml)、卵黄(1個)を合わせ、ふるった小麦粉(60g 適量)と片栗粉(25g)を混ぜ合わせる。

※天ぷら衣は粉を混ぜすぎない。

-

鯛の木の芽揚げ5、揚げ油(適量)を170度に熱し、そら豆に衣をつけて揚げ、残りの衣に木の芽を加え、たいにつけて揚げる。

 

-

鯛の木の芽揚げ6、(5)を取り出して薄く塩をふり、器に盛って、鯛の木の芽揚げの完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

第3位

決定版!失敗なしの魚のあら煮

決定版!失敗なしの魚のあら煮

お魚屋さんで売られているようなあら煮に憧れて色々と試行錯誤して完成したレシピです! 間違いなし、失敗なし!!これが決定版です。

第4位

☆白身魚のマヨ焼き☆

☆白身魚のマヨ焼き☆

コクのあるマヨネーズソースはいろいろな料理に使えますよ!(^^)!

このページの先頭へ