鯛のあらのキムチ煮込み

スポンサーリンク

鯛のあらのキムチ煮込み

鯛のあらのキムチ煮込み

料理名 鯛のあらのキムチ煮込み
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年4月28日(金)

 

キムチを使って

「発酵食品を使って〜体にいいごちそう〜」というテーマで、「鯛のあらのキムチ煮込み」の作り方の紹介です。「まず、見た目がダイナミック!キムチに魚のあらを組み合わせる先生のアイデアはすごいと思います。スープは辛いんですが、気持ちのいい辛さです。香菜もいいアクセントになっていますね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鯛のあらのキムチ煮込みの材料(2人分)

 

たいのあら 350g
白菜キムチ 170g
豆腐(木綿) 250g
枝豆(冷凍・むき実) 50g
長ねぎ(粗みじん切り) 1/3本
しょうが(薄切り) 5g
香菜(シャンツァイ) 1/3束
適量
適量
煮込み調味料
紹興酒 大さじ1
450ml
しょうゆ 小さじ2

 

 

鯛のあらのキムチ煮込みの作り方

1、たいのあら(350g)は塩(適量)をして20分置きます。

 

-

2、たいを水で洗ってうろこや血合いを除き、水分をよく取り、魚焼きグリルで香ばしく焼きます。

鯛のあらのキムチ煮込み

※たいのあらは焼いてから煮る。

-

3、豆腐(木綿 250g)はペーパータオルにのせ、5分置いて水きりし、香菜(シャンツァイ 1/3束)は2cm長さに切ります。

 

-

4、鍋に油(適量)を熱して長ねぎ(粗みじん切り 1/3本)、しょうが(薄切り 5g)を弱火で炒め、白菜キムチ(170g)を加えて中火で炒めて香りを出し、煮込み調味料の紹興酒(大1)、水(450ml)、しょうゆ(小2)を加え、たいのあらを加えて煮立て、豆腐を一口大にちぎりながら入れ、中火で2〜3分煮ます。

鯛のあらのキムチ煮込み

※キムチは炒めて香りを出す。

-

5、(4)に枝豆(冷凍・むき実 50g)を加えて1分煮て、味をみて塩(適量)で調えます。

 

-

6、器に盛り、香菜をのせます。

鯛のあらのキムチ煮込み


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

第4位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

このページの先頭へ