鯛と蕪のサラダ仕立て

スポンサーリンク

鯛と蕪のサラダ仕立て

鯛と蕪のサラダ仕立て

料理名 鯛と蕪のサラダ仕立て
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 谷原章介
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年1月7日(木)

 

皮目に熱湯をかけて食べやすく

なるほどクッキング~鯛を味わうというテーマで、「鯛と蕪のサラダ仕立て」の作り方を紹介。鯛の皮目に熱湯をかけて食べやすくするところがなるほどポイント!「うわ~柚子が思ったより効いてて驚きました。柚子のいい香り。柚子が効いてますね。たいの皮の旨みはすごいですね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鯛と蕪のサラダ仕立ての材料(2人分)

 

たい(皮つき) 200g
かぶ 1個(150g)
ベビーリーフ 40g
ラディッシュ 2個
柚子 1個
柚子ドレッシング
大さじ2
昆布茶 小さじ1
柚子の絞り汁 大さじ2
薄口しょうゆ 小さじ2
少量
大さじ3

 

 

鯛と蕪のサラダ仕立ての作り方

鯛と蕪のサラダ仕立て1、たい(皮つき 200g)は皮目に熱湯をかけ、冷水に落として水気を取り、5mm厚さのそぎ切りにする。

-

2、かぶ(1個(150g))は皮をむいて縦半分に切り、繊維に沿って3mm厚さに切り、ラディッシュ(2個)は1mmの輪切りにし、ベビーリーフ(40g)は洗って水気をきる。

-

3、柚子(1個)は縦4等分に切って皮と実を外し、果汁を絞って種を取り除いて分量を量り、皮は白いところをそぎ取って黄色い皮の部分だけをせん切りにし、熱湯にくぐらせて水気を取る。

※柚子の皮はサッと湯につけて苦味を取る。

-

4、ボウルに柚子ドレッシングの酢(大2)、昆布茶(小1)、薄口しょうゆ(小2)、(3)の柚子の絞り汁(大2)、塩(少量)、油(大3)を混ぜ合わせ、柚子のせん切りを加える。

-

鯛と蕪のサラダ仕立て5、たいに(4)のドレッシング少量をまぶして冷蔵庫に入れ、10分置いて味をなじませる。

※たいに柚子ドレッシングをまぶしてなじませる。

-

鯛と蕪のサラダ仕立て6、かぶ、ベビーリーフ、ラディッシュを(4)で和え、器にたいと共に盛り、鯛と蕪のサラダ仕立ての完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

第3位

ちょっと和風☆ 「鯛のバター醤油ソテー」

ちょっと和風☆ 「鯛のバター醤油ソテー」

皮がパリパリで身はふっくら。鯛のバター醤油ソテーです。下味を付けて冷蔵庫で一夜干しすると独特の生臭みがなく、旨味が凝縮します。

第4位

☆白身魚のマヨ焼き☆

☆白身魚のマヨ焼き☆

コクのあるマヨネーズソースはいろいろな料理に使えますよ!(^^)!

このページの先頭へ