鮭の親子ごはん

鮭の親子ごはん

鮭の親子ごはん

料理名 鮭の親子ごはん
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 加藤晴彦
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年12月21日(月)

 

華やか年末年始んに重宝

なるほどクッキング~年末のパーティー料理というテーマで、「鮭の親子ごはん」の作り方のご紹介。鮭は半量を焼いてほぐしご飯と混ぜて、半量は生のままいくらのしょうゆ漬けとトッピングとしていただきます。「おいしいですね。つけたさけには何もクセもない。まったくない。いくらが少し塩辛くて、白いご飯だから物足りないかなと思ったけど、全然そんなことないです。」と頷き納得しながらの上沼恵美子さんでした。

鮭の親子ごはんの材料(4人分)

 

さけ(生食用) 350g
いくら(しょうゆ漬け) 100g
青じそ 10枚
いりごま(白) 大さじ3
もみのり 適量
きぬさや 16枚
しょうがの甘酢漬け 30g
ご飯 2合分
適量
少量
(漬けだれ)
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
大さじ1
練りごま 大さじ1

 

 

鮭の親子ごはんの作り方

鮭の親子ごはん1、さけ(生食用 350g)は半分を7〜8mm幅のそぎ切りにし、漬けだれのしょうゆ(大2)、みりん(大1)、水(大1)、練りごま(大1)を合わせて10分つける。

※さけの半分は漬けだれに10分つける。

2、残りのさけは3等分に切って塩(適量)をふり、フライパンに油(少量)を熱して中火で焼き、取り出して粗くほぐす。

3、きぬさや(16枚)は筋を取り、塩ゆでして水に落とす。

4、青じそ(10枚)はせん切りにして水に落として水気を取り、しょうがの甘酢漬け(30g)は刻む。

鮭の親子ごはん5、ご飯(2合分)に(2)のほぐしたさけと(4)の青じそとしょうがの甘酢漬け、いりごま(白 大3)を混ぜ合わせ、味をみて調える。

※焼いたさけはほぐしてご飯に混ぜる。

鮭の親子ごはん6、器に5を盛り、もみのり(適量)、(1)のさけ、いくら(しょうゆ漬け 100g)、(3)のきぬさやをのせて、鮭の親子ごはんの完成。

このページの先頭へ