里芋の煮っころがし

スポンサーリンク

里芋の煮っころがし

料理名 里芋の煮っころがし
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 浜口京子
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年9月29日(木)

 

秋らしい和の一品

「秋の味」というテーマで、「里芋の煮っころがし」の作り方の紹介です。照りが出るまで中火で煮つめるところがポイント!「やわらか~い。日本の原点の味ですね。さといもがやわらかい。おいしいです。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

里芋の煮っころがしの材料(2人分)

 

さといも 12個
鶏もも肉 150g
れんこん 100g
青ねぎ(小口切り) 1本
300ml
みりん 大さじ1と1/3
砂糖 大さじ2/3
しょうゆ 大さじ2
適量

 

 

里芋の煮っころがしの作り方

1、さといも(12個)は皮をむいて水に落とし、耐熱皿に入れてラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱します。

(竹串を刺してすっと通ったら取り出す)

※さといもは水に落としてから電子レンジにかける。

-

2、鶏もも肉(150g)は筋を切って3cm角に切ります。

-

3、れんこん(100g)は皮をむいて1cm幅の半月切りにし、水に落として水気を取ります。

-

4、フライパンに油(少量)を熱し、鶏肉、れんこんを加えて中火で焼き色がつくまで焼き、さといも、分量の水(300ml)、みりん(大1と1/3)、砂糖(大2/3)、しょうゆ(大2)を加えて落とし蓋をし、強火で7分煮ます。

照りが出るまで中火で煮つめます。

里芋の煮っころがし

※照りが出るまで中火で煮つめる。

-

5、器に盛り、青ねぎ(小口切り 1本)を散らして、里芋の煮っころがしの完成。

里芋の煮っころがし

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ