蕪のふろふき

スポンサーリンク

蕪のふろふき

蕪のふろふき

料理名 蕪のふろふき
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト ヨネスケ
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年12月7日(月)

 

手作りのごまみそが抜群!

旬のクッキング~おいしい根!というテーマで、「蕪のふろふき」の作り方の紹介です。寒くなって甘みが増すカブとごまみその相性は抜群!「おいしい。みその香りがいい。やはり練ると違いますね。みそだれをつけてるだけなのに、中まで味がしみてる気がします。昆布だしがいいんですね。」と上沼恵美子さんもご満悦の様子でした。

スポンサーリンク

蕪のふろふきの材料(2人分)

 

かぶ 4個(520g)
かぶの葉 適量
こんにゃく 1/2枚(140g)
800ml
昆布 5cm角1枚
小さじ1/2
いりごま(白) 適量
適量
(ごまみそ)
練りごま 40g
赤だし用みそ 30g
卵黄 1個
みりん 大さじ2
大さじ3
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/2

 

 

蕪のふろふきの作り方

1、かぶ(4個(520g))は皮を筋の部分までむいて縦半分に切り、かぶの葉(適量)は5cm長さに切る。

※かぶは厚めに皮をむく。

-

2、こんにゃく(1/2枚(140g))は、両面に斜め2mm幅に切り込みを入れて一口大に切り、薄く塩(適量)をまぶして2〜3分置き、水洗いして水気を取る。

-

蕪のふろふき3、鍋に分量の水(800ml)、昆布(5cm角1枚)、分量の塩(小1/2)を入れ、かぶ、こんにゃくを加えて火にかけ、煮立ってきたら落とし蓋をして弱火で15〜20分煮る。

 

-

蕪のふろふき4、鍋にごまみその練りごま(40g)、赤だし用みそ(30g)、卵黄(1個)、みりん(大2)、水(大3)、砂糖(大1/2)、しょうゆ(小1/2)を合わせ、弱火にかけて少しとろみがつくまで練る。

※ごまみそは少しとろみがつくまで練る。

-

蕪のふろふき5、(3)のかぶに竹串が通るのを確認してかぶの葉を加え、器に盛り、(4)といりごま(白 適量)を添えて、蕪のふろふきの完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

ふきの人気レシピ

第1位

春野菜ふきの煮物

春野菜ふきの煮物

冷ました煮汁にふきを漬け込み、味を含ませたさわやかな春色のお惣菜です。

第2位

ふきと厚揚げの煮物

ふきと厚揚げの煮物

ふきと厚揚げの煮物です。

第3位

春の香り山蕗の佃煮(キャラブキ)

春の香り山蕗の佃煮(キャラブキ)

やまぶきのほろ苦さがたまらなく、白いご飯が進みます、またお酒のお供にもどうぞ。

第4位

水煮のふきで☆ふきのおかか煮☆

水煮のふきで☆ふきのおかか煮☆

市販のふきの水煮を使って簡単!

このページの先頭へ