甘長唐辛子のバスク風

甘長唐辛子のバスク風

料理名 甘長唐辛子のバスク風
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年7月3日(火)

 

コメント

「夏の野菜」というテーマで、「甘長唐辛子のバスク風」の作り方の紹介です。「卵とトマトがとろりとからんだ、すごくいいソース!甘長唐辛子は和のイメージでしたが、これは立派なイタリアン。興奮するくらいおいしいです(笑)」と上沼恵美子さん。

甘長唐辛子のバスク風の材料(2人分)

 

甘長唐辛子 10本
トマト 2個
にんにく(みじん切り) 小さじ1/2
玉ねぎ 50g
生ハム 4枚
小さじ1/2
白ワイン 大さじ2
タイム 2枝
一味唐辛子 少量
バージンオリーブ油 大さじ1
温度卵 2個
適量
こしょう 適量

 

 

甘長唐辛子のバスク風の作り方

1、甘長唐辛子(10本)はへたを取り、長さを半分に切り、トマト(2個)は1.5cm角に切ります。

 

2、生ハム(4枚)は3等分に切り、玉ねぎ(50g)は5mm幅のくし形に切ります。

 

3、フライパンににんにく(みじん切り 小1/2)とバージンオリーブ油(大1)を中火で熱し、泡が出てきたら弱火にして香りを移しますように炒め、にんにくが薄く色づいたら玉ねぎを加え、中火で軽く炒め、甘長唐辛子、生ハム、分量の塩(小1/2)を入れてしんなりするまで炒めます。

 

4、(3)に白ワイン(大2)を加えてアルコール分をとばし、トマト、タイム(2枝)、一味唐辛子(少量)を加え、蓋をして中火で3分煮て味を調えます。

 

5、(4)を器に盛り、温度卵(2個)をのせます。

 

 

このページの先頭へ