焼き餃子

スポンサーリンク

焼き餃子

焼き餃子

料理名 焼き餃子
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト IMALU
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年10月6日(火)

 

野菜たっぷり基本の焼き餃子

なるほどクッキング~料理のABCということで、野菜たっぷりの「焼き餃子」の作り方の紹介です。よく練った餡を30分冷蔵庫で寝かせることがポイント!「おいしいってこういうことなんだと思うんですよ。これなら200個くらい食べられる!キャベツが多いからどんどん食べてしまう。」と上沼恵美子さんも箸が止まらない様子でした。

スポンサーリンク

焼き餃子の材料(4人分)

 

キャベツ 300g
豚ひき肉 150g
にら 50g
しょうが(みじん切り) 小さじ2
長ねぎ(粗みじん切り) 1/4本
ギョウザの皮 32枚
適量
しょうゆ 適量
ラー油 適量
適量
あんの味つけ
小さじ1/2
紹興酒 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
こしょう 適量

 

 

焼き餃子の作り方

1、キャベツ(300g)は熱湯でゆで、水に落として冷ます。

-

2、(1)をフードプロセッサーで細かくみじん切りにして水分を軽く絞り、にら(50g)は5mm幅に切る。

-

3、ボウルに豚ひき肉(150g)を入れ、あんの味つけの塩(小1/2)を加えて粘りが出るまで練り、紹興酒(小2)、しょうゆ(大1)、こしょう(適量)を入れて混ぜる。

※豚ひき肉は塩を加えてよく練る。

-

焼き餃子4、(3)にキャベツ、にら、しょうが(みじん切り 小2)、長ねぎ(粗みじん切り 1/4本)を入れて混ぜ、冷蔵庫に入れて30分置く。

-

5、ギョウザの皮(32枚)に(4)のあんをのせ、周囲に水を塗って包む。

-

焼き餃子6、フライパンを熱して油(少量)を入れ、火を止めて(5)を並べ、中火にかけて鍋が熱くなったら、ギョウザの高さの半分の熱湯を加え、蓋をして5〜6分火を通す。

※ギョウザの高さの半分の熱湯を加えて焼く。

-

7、(6)の水分がなくなり、パチパチと音がしたら少量の油を加えて強火で皮に焼き色をつける。

-

焼き餃子8、器に盛り、酢(適量)としょうゆ(適量)を合わせた酢じょうゆとラー油(適量)を添えて、焼き餃子の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

餃子の人気レシピ

第1位

ジューシーな餃子☆

ジューシーな餃子☆

この餃子食べたら、もう他の餃子は食べられない!!って位おいしいです♪ 分量は大判約50~60個分です。多い方はまずは半量からお試しください。冷凍保存可能です。

第2位

とまらなくなる焼き餃子!

とまらなくなる焼き餃子!

次の日も食べたくなっちゃうくらい、はまっちゃいます!

第3位

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

我が家の人気メニューです。中はジューシー外はパリパリで、思わず食べすぎてしまいす。タネに下味をつけるのがポイントです。

第4位

栃木県民が伝授!餃子

栃木県民が伝授!餃子

餃子が大好きな栃木県民!お店で食べるのはもちろんのこと、自宅で沢山作って食べるのも大好きです♪

このページの先頭へ