海老のハーブ炒め

スポンサーリンク

海老のハーブ炒め

料理名 海老のハーブ炒め
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト 篠山輝信
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年9月9日(金)

 

エビとブロッコリーを爽やかに

「スパイス&ハーブ」というテーマで、「海老のハーブ炒め」の作り方の紹介です。カフェライムリーフ(バイマックルー)の柑橘系のさわやかな香りと食感を楽しめる一品。「バイマックルーだ!最後はレモン・みかんの香りになります。いいですね。さわやかです。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

海老のハーブ炒めの材料(2人分)

 

むきえび 8尾(160g)
エリンギ 1本
ブロッコリー 60g
にんにく(薄切り) 5g
カフェライムリーフ(バイマックルー) 9枚
適量
片栗粉 適量
適量
(えびの下味)
ひとつまみ
こしょう 適量
片栗粉 小さじ2
(合わせ調味料)
大さじ2
砂糖 小さじ1
小さじ1/2
片栗粉 小さじ1/3
(えびとブロッコリーの下ゆで)
熱湯 500ml
砂糖 小さじ1
小さじ1/2

 

 

海老のハーブ炒めの作り方

1、むきえび(8尾(160g))は背に切り込みを入れて背わたを取り、塩、片栗粉(各適量)でもみ、水で洗って水気をしっかり取り、えびの下味の塩(ひとつまみ)、こしょう(適量)を加えてもみ、片栗粉(小2)をまぶします。

2、エリンギ(1本)は縦半分に切って斜め1cm幅に切り、ブロッコリー(60g)は小房に分ける。

3、カフェライムリーフ(バイマックルー 9枚)は袋に入れて砕き、太い葉脈をはずしてほぐします。

※カフェライムリーフは太い葉脈をはずす。

4、合わせ調味料の水(大2)、砂糖(小1)、塩(小1/2)、片栗粉(小1/3)を合わせ、カフェライムリーフを入れます。

5、鍋にえびとブロッコリーの下ゆでの熱湯(500ml)、砂糖(小1)、塩(小1/2)を入れてブロッコリーを1分30秒ゆで、えびを加えてさらに30秒ゆでて取り出します。

※えびとブロッコリーは砂糖と塩を加えてゆでる。

6、鍋に油(少量)を熱し、エリンギ、にんにく(薄切り 5g)の薄切りを中火で炒め、香りが出たら(5)を加えて強火で炒め、(4)を加えて炒めます。

海老のハーブ炒め

7、器に盛り、海老のハーブ炒めの完成。

海老のハーブ炒め


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ