春菊の水餃子

春菊の水餃子

春菊の水餃子

料理名 春菊の水餃子
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト 北斗晶,佐々木健介
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年1月9日(金)

 

春菊と豚肉を合わせた水餃子

冬の定番メニューということで、「春菊の水餃子」を作っていました。白菜やキャベツ、にら入りではなく、春菊と豚肉を合わせた水餃子です。挽き肉と薄切り肉を合わせて食感よく、レモン汁を加えたつけだれもポイントです!「にんにくが入ってないから、さっぱりしてますね。このギョウザは食べ過ぎます。いくらでも食べてしまいそう。」と上沼恵美子さん。

春菊の水餃子の材料(2人分)

 

豚肩ロース肉(薄切り) 100g
豚ひき肉 100g
春菊 150g
青ねぎ(小口切り) 1本
しょうが(みじん切り) 5g
ギョウザの皮 24枚
豚肉の味つけ
小さじ1/3
こしょう 適量
紹興酒 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
ごま油 小さじ1/2
つけだれ
レモン汁 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
しょうが(細切り) 5g

 

 

春菊の水餃子の作り方

春菊の水餃子1、春菊(150g)は5mmくらいに刻む。

春菊の水餃子2、豚肩ロース肉(薄切り 100g)は6〜7mm角に切る。

春菊の水餃子ボウルに豚肩ロース肉、豚ひき肉(100g)、味つけの塩(小1/3)、こしょう(適量)を加え、よく練って粘りを出る。

※切った豚肉とひき肉を合わせる。

春菊の水餃子3、(2)のボウルに紹興酒(小2)、しょうゆ(大1)、ごま油(小1/2)を加えて練る。

春菊の水餃子春菊、青ねぎ(小口切り 1本)、しょうが(みじん切り 5g)を加えて混ぜ合わせる。

春菊の水餃子4、(3)をギョウザの皮(24枚)にのせて包み、たっぷりの熱湯に入れ、弱火でゆでる。

※ギョウザはごく弱火でゆでる。

春菊の水餃子5、つけだれのレモン汁(大2)、しょうゆ(大3)、酢(大2)、しょうが(細切り 5g)を合わせて器に盛る。

春菊の水餃子6、(4)の水餃子をゆで汁(適量)と共に器に盛り、(5)のつけだれを添えて、春菊の水餃子の完成。

このページの先頭へ