春菊のゆで餃子

スポンサーリンク

春菊のゆで餃子

春菊のゆで餃子

料理名 春菊のゆで餃子
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト 鶴見辰吾
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年12月15日(木)

 

春菊を使ってさっぱりと

「おいしい菜」というテーマで、「春菊のゆで餃子」の作り方の紹介です。たっぷりの春菊を使ってさっぱりとしたゆで餃子に仕上げます。「すっごいさっぱりしてて、こわいくらい食べられそうですね。軽いですね。やさしい味。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

春菊のゆで餃子の材料(4人分)

 

春菊 250g
豚ひき肉 150g
ギョウザの皮 28枚
大豆もやし 200g
あんの味つけ
小さじ1/3
こしょう 適量
しょうゆ 小さじ1/3
砂糖 小さじ1/3
ごま油 小さじ2/3
たれ
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
砂糖 小さじ2/3
おろししょうが 小さじ1

 

 

春菊のゆで餃子の作り方

1、春菊(250g)は根を切り、水の中でしっかり洗い、熱湯でゆでて水に落とし、水分を絞って5mm幅に切ります。

※春菊の水分は少し残るぐらいに絞る。

2、豚ひき肉(150g)にあんの味つけの塩(小1/3)、こしょう(適量)を加えて練り、しょうゆ(小1/3)、砂糖(小1/3)、春菊を混ぜ、ごま油(小2/3)を加えてさらに混ぜ、ギョウザの皮(28枚)の周りに水をつけ、あんを包みます。

春菊のゆで餃子

※ギョウザの皮は中央にひだを寄せて食感を出す。

3、大豆もやし(200g)の根を切り、多めの熱湯に入れて2分ゆでます。

4、たれのしょうゆ(大3)、酢(大2)、砂糖(小2/3)、おろししょうが(小1)を合わせます。

5、(3)にギョウザを入れて、さらに2分火を通します。

春菊のゆで餃子

6、器に盛り、(4)のたれを添え、春菊のゆで餃子の完成。

春菊のゆで餃子


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ