帆立貝のオリエンタル風

スポンサーリンク

帆立貝のオリエンタル風

帆立貝のオリエンタル風

料理名 帆立貝のオリエンタル風
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
ゲスト 武田修宏
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年7月24日(金)

 

3種類のスパイスで深い味わい

なるほどクッキング~スパイス大作戦~ということで、「帆立貝のオリエンタル風」の作り方の紹介です。パプリカパウダー、ターメリック、チリペッパーの3種類のスパイスを使って、深い味つけに仕上げます。「うれしい~。ん~これはもう味で旅してます。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

帆立貝のオリエンタル風の材料(2人分)

 

ほたて貝柱 6個
パプリカパウダー 小さじ1/2
ターメリックパウダー 小さじ1/2
チリペッパー 小さじ1/4
にんにく(みじん切り) 小さじ1/2
長ねぎ 1/2本
マッシュルーム 4個
香菜(シャンツァイ) 1枝
白ワイン 大さじ2
ブイヨン 100ml
生クリーム 大さじ1と1/3
バター 10g
適量
こしょう 適量
バージンオリーブ油 適量

 

 

帆立貝のオリエンタル風の作り方

1、パプリカパウダー(小1/2)、ターメリックパウダー(小1/2)、チリペッパー(小1/4)を混ぜ合わせる。

-

 

2、マッシュルーム(4個)を半分に切り、香菜(シャンツァイ 1枝)を2cm幅に切り、長ねぎ(1/2本)は1cm幅の斜め切りにする。

-

 

帆立貝のオリエンタル風3、ほたてに塩(適量)、こしょう(適量)をし、両面に(1)をまぶし、フライパンにバージンオリーブ油(適量)を熱し、ほたての両面を中火で焼いて取り出す。

※スパイスは焦げやすいので中火で焼く

-

 

4、(3)のフライパンにバージンオリーブ油(少量)、にんにく(みじん切り 小1/2)を入れて弱火で炒め、長ねぎ、マッシュルームの順に中火で炒めて塩をし、白ワイン(大2)を加えて煮つめ、ブイヨン(100ml)を加えて中火で約3分火を通す。

-

 

帆立貝のオリエンタル風5、(4)に生クリーム(大1と1/3)を加えて軽く煮つめ、ほたてを戻し入れ、バター(10g)、香菜を加える。

※最後にバターを加えてコクを出す。

-

帆立貝のオリエンタル風6、器に盛り、帆立貝のオリエンタル風の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ