卵豆腐のお吸いもの

スポンサーリンク

卵豆腐のお吸いもの

卵豆腐のお吸いもの

 

 

料理名 卵豆腐のお吸いもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 相川七瀬
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年5月21日(木)

 

味が濃くて、きめが細やか

なるほどクッキング~卵の使い方~というテーマで「卵豆腐のお吸いもの」の作り方の紹介です。卵生地を合わせたらザルで漉すところが、なめらかな仕上がりのポイント!「市販のものと違って味が濃くて、きめが細やかです。卵1個で2人分作れるから、値打ちがありますね。手作りする意味があるおいしさです。愛ある奥さん、作ってください!」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

卵豆腐のお吸いものの材料(2人分)

 

1個
だし 大さじ5
小さじ1/4
みりん 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1/2
かまぼこ 50g
貝割れ菜 1/3パック
木の芽 4枚
適量
(吸地)
だし 300ml
適量
薄口しょうゆ 適量

 

 

卵豆腐のお吸いものの作り方

1.卵(1個)をしっかり溶く。

卵豆腐のお吸いもの2.ボウルにだし(大5)、塩(適量 小1/4)、みりん(小1)、薄口しょうゆ(小1/2)を合わせ、1の卵に加えて混ぜ合わせ、ザルで漉す。

卵豆腐のお吸いもの3.ラップを30cm長さに切り、中央に薄く油(適量)を塗り、小さめのボウルにのせ、2の生地を流して輪ゴムで止め、約80度の湯に入れ、沸騰しない程度の火加減で15分ゆでる。

4.鍋に吸地のだし(300ml)を入れ、塩(適量)、薄口しょうゆ(適量)を加え、温める。

卵豆腐のお吸いもの5.3を取り出し、ラップを外して器に入れ、5mm厚さに切ったかまぼこ(50g)、半分に切った貝割れ菜(1/3パック)を盛り、4の吸地を注ぎ、木の芽(4枚)をのせて、卵豆腐のお吸いものの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ