ゴーヤと鶏の炒めもの

スポンサーリンク

ゴーヤと鶏の炒めもの

 

 

料理名 ゴーヤと鶏の炒めもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト 相島一之
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年8月12日(金)

 

夏の野菜

「夏の野菜」というテーマで、「ゴーヤと鶏の炒めもの」の作り方の紹介です。「ゴーヤが苦くない。もちろん、ゴーヤだから苦味がゼロじゃないけど、わたがついてても全然大丈夫です。今までわたが苦味の元だとばかり思ってましたが、違うんですね。わたにオイスターソースがからんでおいしい。びっくりしました。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

ゴーヤと鶏の炒めものの材料(2人分)

 

ゴーヤ(にがうり) 1/2本(120g)
とうもろこし 1/2本
鶏胸肉(皮なし) 100g
ごま油 小さじ1/2
にんにく(薄切り) 5g
しょうが(薄切り) 5g
長ねぎ 1/3本
黒こしょう(粗びき) 小さじ1
適量
鶏肉の下味
紹興酒 小さじ1
少量
こしょう 適量
小さじ1
片栗粉 小さじ1と1/2
大さじ1/2
合わせ調味料
紹興酒 小さじ1
オイスターソース 小さじ2
しょうゆ 小さじ1と1/2
大さじ1
片栗粉 小さじ1/3
野菜の下ゆで
熱湯 400ml
砂糖 小さじ1
小さじ1/2

※ゴーヤはわたを残して種を取る。※ゴーヤととうもろこしは砂糖と塩で下ゆでする。

 

ゴーヤと鶏の炒めものの作り方

ゴーヤと鶏の炒めもの1、ゴーヤは8mm幅に切って種を取り、とうもろこし(1/2本)の実を芯から包丁ではずし、長ねぎ(1/3本)は縦半分に切って1cmの斜め切りにします。

 

-

2、鶏胸肉(皮なし 100g)はそぎ切りにし、鶏肉の下味の紹興酒(小1 小1)、塩(小1/2 少量)、こしょう(適量)、水(大1 小1)を加えて混ぜ、片栗粉(小1/3 小1と1/2)を加えて更に混ぜ、油(大1/2 適量)で下味をつけます。

 

-

3、合わせ調味料の紹興酒、オイスターソース(小2)、しょうゆ(小1と1/2)、水、片栗粉を合わせます。

 

-

4、鍋に野菜の下ゆでの熱湯(400ml)、砂糖(小1)、塩を入れ、ゴーヤととうもろこしを加えて約2分ゆで、ザルに上げます。

 

-

5、鍋に油適量を熱し、鶏肉の両面を弱火で焼き、鶏肉を端に寄せてごま油(小1/2)、にんにくとしょうが(薄切り 5g)の薄切り、長ねぎを炒め、黒こしょう(粗びき 小1)加えて中火で炒めます。

 

-

6、(5)の香りが出たら、ゴーヤ、とうもろこしを入れ、(3)を加えながら強火で炒め、器に盛ります。

ゴーヤと鶏の炒めもの-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ