ゴボウとにんじんの炒めもの

スポンサーリンク

ゴボウとにんじんの炒めもの

ゴボウとにんじんの炒めもの

料理名 ゴボウとにんじんの炒めもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト ヨネスケ
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年12月11日(金)

 

ゴボウの食感がいい!

旬のクッキング~おいしい根!というテーマで「ゴボウとにんじんの炒めもの」の作り方の紹介です。野菜を炒める順番とタイミングがポイント!「なるほど!思ったよりごぼうは歯ごたえがあるの。驚きですね。快感ですね。根性あるんですね、ごぼうって。ゴボウみたいな人間になりたかったですね。」とえらくゴボウを気にいった様子の上沼恵美子さんです。

スポンサーリンク

ゴボウとにんじんの炒めものの材料(2人分)

 

ごぼう 100g
にんじん 80g
セロリ 1本(80g)
豚ひき肉 80g
しょうが(みじん切り) 小さじ1
にんにく(みじん切り) 小さじ1
青ねぎ 2本
花椒粉(ホァジャオフェン) 小さじ1/2
適量
(豚肉の下味)
紹興酒 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
甜麺醤(テンメンジャン) 小さじ1
(炒め調味料)
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ1
小さじ1/2
ごま油 小さじ1

 

 

ゴボウとにんじんの炒めものの作り方

1、ごぼう(100g)、にんじん(80g)、セロリ(1本(80g))は、6cm長さ、2mm角の細切りにし、青ねぎ(2本)は小口切りにする。

※野菜は大きさをそろえて切る。

-

ゴボウとにんじんの炒めもの2、鍋に油(大1)を熱し、ごぼうをしんなりするまで中火で炒め、にんじん、セロリの順に加えて炒めて取り出す。

※野菜はそれぞれしんなりしたら次を加える。

-

3、(2)の鍋で豚ひき肉(80g)を中火で炒め、弱火にして豚肉の下味の紹興酒(小1)、しょうゆ(小1)、甜麺醤(テンメンジャン 小1)を加えて水分がなくなるまで炒める。

-

ゴボウとにんじんの炒めもの4、(3)にしょうが(みじん切り 小1)とにんにく(みじん切り 小1)を加えて弱火で炒め、ごぼう、にんじん、セロリを戻し入れて中火で炒める。

-

5、(4)に炒め調味料のしょうゆ(大1)を加えて強火で炒め、砂糖(小1)を加えて更に炒め、青ねぎ、酢(小1/2)、ごま油(小1)を加えて仕上げる。

-

ゴボウとにんじんの炒めもの 6、器に盛り、花椒粉(ホァジャオフェン 小1/2)をふり、ゴボウとにんじんの炒めものの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ