カブのあんかけうどん

カブのあんかけうどん

料理名 カブのあんかけうどん
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年2月5日(月)

 

コメント

「カブと大根」というテーマで、「カブのあんかけうどん」の作り方の紹介です。「なんておいしいおだし!ベーコンのコクがほどよく出ていて、見た目よりしっかりとした味ですね。食べると体が温まるし、冬にはピッタリの逸品です。」と上沼恵美子さん。

カブのあんかけうどんの材料(2人分)

 

かぶ 3個(600g)
かぶの葉 30g
ベーコン 80g
うどん(冷凍) 2玉
かけだし
だし 700ml
みりん 大さじ1と1/2
小さじ2/3
薄口しょうゆ 大さじ2
水溶き片栗粉 適量

 

 

カブのあんかけうどんの作り方

1、かぶ(3個(600g))は皮を厚めにむき、1個を5mm厚さの半月切りにし、2個をすりおろし、ザルに上げて少し水気をきり、かぶの葉(30g)は斜め薄切りにします。

2、ベーコン(80g)は1cm幅に切ります。

 

3、鍋にだし(700ml)、みりん(大1と1/2)、塩(小2/3)、薄口しょうゆ(大2)、ベーコン、かぶの半月切りを入れ、煮立ってきてから中火で2分煮ます。

4、かぶの葉を加えて、さっと煮ます。

 

5、(3)に水溶き片栗粉(適量)で少しとろみをつけ、おろしたかぶを加えて温めます。

 

6、うどん(冷凍 2玉)をゆがき、水分をしっかりきって器に盛り、(5)をかけます。

 

このページの先頭へ