カブと鶏肝の煮込み

スポンサーリンク

カブと鶏肝の煮込み

カブと鶏肝の煮込み

料理名 カブと鶏肝の煮込み
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト 不破万作
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年1月17日(火)

 

カブを手羽先&レバーと煮て

「カブと大根」というテーマで、「カブと鶏肝の煮込み」の作り方の紹介です。かぶを使って鶏手羽先とレバーを合わせて煮込みます。「溶けてなくなりました。柑橘類で料理にアクセントというと柚子だと思っていましたが、みかんもいいですね。おいしゅうございました。完ぺきです。ぜひ、やってみていただきたいですね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

カブと鶏肝の煮込みの材料(2人分)

 

かぶ 2個(280g)
みかんの皮 15g
手羽先 4本
鶏レバー 80g
しょうゆ 小さじ1
貝割れ菜 1/4パック
大さじ1
煮込み調味料
砂糖 大さじ3
700ml
しょうゆ 小さじ1
小さじ2
ごま油 小さじ1

 

 

カブと鶏肝の煮込みの作り方

1、かぶ(2個(280g))は6等分のくし形に切って皮をむき、みかんの皮(15g)は白い部分を取り除き、細切りにします。

※かぶは皮を厚めにむく。

-

2、手羽先(4本)は関節の手前に切り込みを入れ、関節を折って骨を出し、先を切ります。鶏レバー(80g)は半分に切り、流水にさらして血のかたまりを取ります。

-

3、手羽先とレバーにしょうゆ(小1)をまぶし、鍋に油(大1)を熱し、中火で焼き、焼き色がついたら取り出します。

カブと鶏肝の煮込み

-

4、(3)の鍋をふき、煮込み調味料の砂糖(大2)を入れて中火で溶かし、少し色づいて泡が出始めたら、水(700ml)を少しずつ加え、(3)の手羽先とレバー、かぶを入れてアクを取り、残りの砂糖(大1)としょうゆ(小1)を加え、落とし蓋をして10〜15分煮ます。

カブと鶏肝の煮込み

※砂糖がカラメル状になったら水を少しずつ加える。

-

5、(4)にみかんの皮、酢(小2)、ごま油(小1)を加えて仕上げます。

-

6、器に盛り、4cm長さに切った貝割れ菜(1/4パック)をのせて、カブと鶏肝の煮込みの完成。

カブと鶏肝の煮込み


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ