ほうれん草のオイスターあん

スポンサーリンク

ほうれん草のオイスターあん

料理名 ほうれん草のオイスターあん
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト 鶴見辰吾
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年12月13日(火)

 

ほうれん草をサッと炒めて

「おいしい菜」というテーマで、「ほうれん草のオイスターあん」の作り方の紹介です。「塩昆布が旨みを出してます。ほうれん草はおひたしだけじゃないんですねぇ。中華の炒めものというと、私はよくきくらげを使うんですが、同じ黒いものなら塩昆布も試してみたいですね。味がまとまるところが気に入りました。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

ほうれん草のオイスターあんの材料(2人分)

 

ほうれん草 180g
にんにく(みじん切り) 小さじ1
小さじ2
紹興酒 大さじ1
ひとつまみ
塩昆布 3g
油揚げ 1/2枚
オイスターあん
150ml
しょうゆ 小さじ2/3
オイスターソース 小さじ1
砂糖 ひとつまみ
こしょう 適量
水溶き片栗粉 適量
ごま油 小さじ1/2

 

 

ほうれん草のオイスターあんの作り方

1、ほうれん草(180g)は7〜8cm長さに切り、根元を縦に3〜4等分に切って水洗いします。

2、塩昆布(3g)は粗く刻み、油揚げ(1/2枚)は4cm長さの細切りにします。

3、鍋に油(小2)を熱し、にんにく(みじん切り 小1)、ほうれん草の茎、葉の順に炒め、紹興酒(大1)、塩(ひとつまみ)を入れ、ザルに取り出します。

ほうれん草のオイスターあん

※炒めたほうれん草に紹興酒の香りを移す。

4、(3)の鍋をふき、オイスターあんの水(150ml)、塩昆布、油揚げを入れてサッと煮て、しょうゆ(小2/3)、オイスターソース(小1)、砂糖(ひとつまみ)、こしょう(適量)を加えます。水溶き片栗粉(適量)でとろみをつけ、ごま油(小1/2)を加えます。

ほうれん草のオイスターあん

※塩昆布は先に加えて旨みを出す。

5、器にほうれん草を盛り、(4)をかけほうれん草のオイスターあんの完成。

ほうれん草のオイスターあん

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ