ぶりの照り焼き

スポンサーリンク

ぶりの照り焼き

料理名 ぶりの照り焼き
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト スザンヌ
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年12月12日(火)

 

コメント

「ブリとタラ」というテーマで、「ぶりの照り焼き」の作り方の紹介です。「ぶり独特の生臭さがちょっと苦手だったんですが、これはまったくなくておいしい!かぶのさわやかな甘みで、口の中がさっぱりします。クセの強いぶりですが、これならどんどん食卓に上げたくなりますね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

ぶりの照り焼きの材料(2人分)

 

ぶり(腹身) 200g
かぶ 2個
大さじ3と1/3
柚子 1/2個
長ねぎ 1本
適量
小麦粉 適量
適量
照り焼きのたれ
大さじ4
みりん 大さじ4
しょうゆ 大さじ2と1/3
砂糖 大さじ1と1/2
山椒の佃煮 大さじ1

※ぶりは塩をふって15分置く。※水を加えて余分な脂を抜く。

 

ぶりの照り焼きの作り方

1、ぶり(腹身 200g)は3cm幅に切り、塩(適量)をふって15分置きます。

 

 

2、柚子(1/2個)は皮をせん切りにし、長ねぎ(1本)は白髪ねぎにして水にさらして混ぜ、水気を取ります。

 

 

 

3、(1)を洗って水気を取り、小麦粉(適量)をまぶします。

 

 

 

4、かぶ(2個)の茎を少し残して6等分のくし形に切って皮をむき、フライパンに油適量を熱して中火で焼き、焼き色がついたら、酒(大3と1/3)をふりかけて蓋をし、2分蒸し焼きにします。

 

 

5、(4)に塩をふって取り出し、ぶりを入れて焼き、火が通ったら水100mlを加えて水を捨て、照り焼きのたれの酒(大さじ4)・みりん(大さじ4)・しょうゆ(大さじ2と1/3)・砂糖(大さじ1と1/2)・山椒の佃煮(大さじ1)の酒(大4)、みりん(大4)、しょうゆ(大2と1/3)、砂糖(大1と1/2)、山椒の佃煮(大1)を加えて中火で煮つめながらからめます。

 

 

 

6、器にかぶとぶりを盛り、(2)をのせます。

 

 

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ