ぜいたくな鯛めし

スポンサーリンク

ぜいたくな鯛めし

ぜいたくな鯛めし

料理名 ぜいたくな鯛めし
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 加藤晴彦
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年12月22日(月)

 

鯛のアラを使って手軽においしく!

おいしいダシで作る「ぜいたくな鯛めし」の作り方のご紹介です。鯛のアラを使って手軽においしく仕上げます。「すごいですね。えげつない旨さ。手間かけただけにおいしい。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

ぜいたくな鯛めしの材料(4人分)

 

たい 200g
油揚げ 1/2枚
にんじん 30g
2合
大さじ1
木の芽 適量
適量
たいだし
だし 1リットル
たいのあら 300g
ご飯だし
上記のたいだし 570ml
みりん 大さじ1と1/2
薄口しょうゆ 大さじ1
小さじ1/3

 

 

ぜいたくな鯛めしの作り方

ぜいたくな鯛めし1、たい(200g)は5mm厚さのそぎ切りにし、薄く塩(適量)をふる。

 

-

ぜいたくな鯛めし2、たいだしのたいのあら(300g)に薄く塩(適量)をふり、魚焼きグリルで焼き色がつくまで焼く。

 

-

ぜいたくな鯛めし3、油揚げ(1/2枚)はみじん切りにし、にんじん(30g)は3mm角に切る。

 

-

ぜいたくな鯛めし4、鍋にたいだしの冷たいだし(1リットル)、(2)を入れて煮立て、アクを取りながら10分煮る。

※焼いたあらでだしを取る。

-

ぜいたくな鯛めし5、(4)を漉す。

-

ぜいたくな鯛めしご飯だし用に570ml量り、みりん(大1と1/2)、薄口しょうゆ(大1)、塩(小1/3 )で調味する。

 

-

ぜいたくな鯛めし6、土鍋に洗い米(2合)、油揚げ、にんじん、(5)を入れて強火で沸騰させ、弱火にして13分炊く。

 

-

ぜいたくな鯛めし7、(6)に(1)のたいを並べ、酒(大1)をふって10分蒸らす(火を消した状態)。

※たいを手早く並べて酒をふる。

-

ぜいたくな鯛めし木の芽(適量)をのせて、ぜいたくな鯛めしの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ