すずきのサルティンボッカ

スポンサーリンク

すずきのサルティンボッカ

すずきのサルティンボッカ

料理名 すずきのサルティンボッカ
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 若林知人
ゲスト 中山エミリ
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年5月27日(水)

 

身はふんわり!セージの香りよし

旬のクッキング~初夏の魚介~ということで、「すずきのサルティンボッカ」の作り方の紹介です。ジャンプするという意味のサルティンと口という意味のボッカで、口の中に飛び込んでくるくらい美味しいという意味合いの「サルティンボッカ」。「これ何?セージ?ただ魚を焼いたのなんて思ったら大間違いですよ。生ハムで巻いたら、こんなになるんですね。生ハムは火を通してはいけないかと思ったけど、いいんですね。」と上沼恵美子さん。上品でおもてなしにもなる一品です。

スポンサーリンク

すずきのサルティンボッカの材料(2人分)

 

すずき 2切れ(200g)
生ハム 2枚(30g)
セージ(生) 4枚
白ワイン 40ml
ブイヨン 80ml
アスパラガス 6本
バター 30g
ベビーリーフ 適量
適量
こしょう 適量
小麦粉 適量
バージンオリーブ油 適量

 

 

すずきのサルティンボッカの作り方

1、すずき(2切れ(200g))は皮を取り、アスパラガス(6本)は下半分の皮をむいて4等分に切る。

 

-

すずきのサルティンボッカ2、すずきに軽く塩(適量)、こしょう(適量)をし、セージ(生 4枚)をのせた生ハム(2枚(30g))で巻き、小麦粉(適量)をまぶして余分な粉を落とす。

 

-

すずきのサルティンボッカ3、フライパンにバージンオリーブ油(適量)とバター(10g)を熱し、2のすずきをセージの面から入れて中火で両面色よく焼く。

※すずきは両面色よく焼く。

-

アスパラガスを入れて塩をふり、一緒に焼いてすずきと共に取り出し、アルミホイルをかぶせて保温する。

 

-

4、3のフライパンの油を捨て、白ワイン(40ml)を煮つめ、ブイヨン(80ml)を加えて1/3量になるまで煮つめ、バター(20g)を加えて溶かし、塩、こしょう(各適量)で味を調える。

※白ワインとブイヨンはしっかり煮つめる。

-

すずきのサルティンボッカ5、器にすずき、アスパラガス、ベビーリーフ(適量)を盛り、4のソースをかけて、すずきのサルティンボッカの完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ