がっつりチキン丼

スポンサーリンク

がっつりチキン丼

がっつりチキン丼

料理名 がっつりチキン丼
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト 相田翔子
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年7月13日(水)

 

三段階においしい丼

「夏こそしょうが」というテーマで、「がっつりチキン丼」の作り方の紹介です。炊飯器でお米と骨付きの鶏肉を一緒に炊き上げるところがポイント!「しっとりですねぇ。しょうがの香りがいいですね。鶏肉にしょうがが効いてます。本当にガツガツ食べたいですね。鶏肉もご飯もたれもおいしいから、三段階においしい丼になりました。」。「コンビニでお弁当にしたら、売れるんじゃない」とコメントするほど、上沼恵美子さんもかなりオススメの「がっつりチキン丼」です。

スポンサーリンク

がっつりチキン丼の材料(2人分)

 

鶏骨つきもも肉 1本(350g)
小さじ2/3
こしょう 適量
1.5合
280ml
香菜(シャンツァイ) 1株
(ご飯のたれ)
小さじ1
にんにく(薄切り) 1/2片
赤唐辛子(輪切り) 1本
しょうゆ 大さじ1
大さじ1
砂糖 小さじ1/2
(しょうがだれ)
大さじ1と1/2
しょうが(みじん切り) 大さじ4
小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4
万能ねぎ 1本

 

 

がっつりチキン丼の作り方

1、鶏骨つきもも肉(1本(350g))は骨に沿って切り込みを入れ、関節を切り、塩(小2/3)、こしょう(適量)をまぶして10分置く。

-

がっつりチキン丼2、炊飯器に洗い米(1.5合)、水(280ml)、(1)の鶏肉の皮目を上にして入れて炊く。

-

3、香菜(シャンツァイ 1株)は2cm長さに切り、万能ねぎ(1本)は小口切りにする。

-

がっつりチキン丼4、ご飯のたれを作る。フライパンに油(小1)を熱し、にんにく(薄切り 1/2片)と赤唐辛子(輪切り 1本)を弱火で炒め、しょうゆ(大1)、水(大1)、砂糖(小1/2)を加えて取り出す。

-

がっつりチキン丼5、しょうがだれを作る。フライパンに油(大1と1/2)を熱してしょうが(みじん切り 大4)を弱火で炒め、塩(小1/4)、砂糖(小1/4)を合わせて万能ねぎを加えて取り出す。

※しょうがだれのしょうがは細かいみじん切りを使う。

-

6、(2)の鶏肉を取り出し、骨を取って食べやすい大きさに切る。

-

がっつりチキン丼7、器に(2)のご飯を混ぜて盛り、(4)のたれをかけ、(6)の鶏肉を盛り、(5)のしょうがだれをかける。香菜を添え、がっつりチキン丼の完成。

※ご飯にたれをかけてから鶏肉を盛る。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ