かぶとハムのピラフ

かぶとハムのピラフ

料理名 かぶとハムのピラフ
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年2月7日(水)

 

コメント

「カブと大根」というテーマで、「かぶとハムのピラフ」の作り方の紹介です。「ロースハムの量が少ないかなと思いましたが、ちょうどいい塩加減。入れすぎると塩辛くなりそうだし、これくらいがベストなんですね。材料はシンプルですが、おいしいものをいろいろと食べてきた食通の人をうならせそうな小粋なピラフです(笑)。」と上沼恵美子さん。

かぶとハムのピラフの材料(2人分)

 

かぶ(葉つき) 1個(170g)
ロースハム 2枚
1.5カップ
バージンオリーブ油 大さじ1
ブイヨン 400ml
小さじ1/2
しょうが(粗みじん切り) 小さじ2
黒こしょう(粗びき) 適量
適量
バージンオリーブ油 適量

 

 

かぶとハムのピラフの作り方

1、かぶ(葉つき 1個(170g))は葉と茎を切り分け、皮を厚めにむき、半分を1.5cm角に切り、残りを8等分のくし形に切り、茎を5mm幅に切り、葉を2cm角に切ります。

 

2、ロースハム(2枚)は粗みじん切りにします。

 

3、フライパンに分量のバージンオリーブ油(大1)を中火で熱し、ハムをさっと炒め、角切りにしたかぶと洗っていない米(1.5カップ)を加え、弱火で炒めて油をまわし、ブイヨン(400ml)と分量の塩(小1/2)を加えて強火で煮立て、炊飯器に移して炊きます。

4、フライパンにバージンオリーブ油少量を中火で熱し、くし形に切ったかぶと塩(適量)を加え、焼き色をつけて取り出します。

 

5、(4)のフライパンにバージンオリーブ油(適量)を足し、しょうが(粗みじん切り 小2)を入れて弱火で炒め、かぶの茎と葉、塩(適量)、黒こしょう(粗びき 適量)を加えて炒めます。

6、炊き上がった(3)に(4)、(5)を混ぜます。

 

7、器に盛ります。

このページの先頭へ