かにの南禅寺蒸し

スポンサーリンク

かにの南禅寺蒸し

かにの南禅寺蒸し

料理名 かにの南禅寺蒸し
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年2月16日(木)

 

やわらかい蒸しもの

「かにを味わう」というテーマで、「かにの南禅寺蒸し」の作り方の紹介です。カニ缶を汁ごと使って手軽なのに本格的な一品に仕上げます。「高級なお料理屋さんで味わうような料理ですね。生地がやわらかくてお吸い物みたい。嚙む必要はまったくない。食べると性格まで変わってしまいそうなほど穏やかな味です。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

かにの南禅寺蒸しの材料(2人分)

 

かに缶 1缶(120g)
えのきだけ 20g
豆腐(絹) 1/4丁(90g)
長いも 50g
1個
小さじ1/4
薄口しょうゆ 大さじ1/4
おろししょうが 10g
青ねぎ(小口切り) 1/2本
銀あん
だし 300ml
みりん 大さじ1と1/3
薄口しょうゆ 大さじ1と1/3
水溶き片栗粉 適量

 

 

かにの南禅寺蒸しの作り方

1、かに缶(1缶(120g))は軟骨があれば取り除きます。

 

2、豆腐(絹 1/4丁(90g))は水気を取り、長いも(50g)は半分を粗く刻み、残りはすりおろし、えのきだけ(20g)は3cm長さに切ります。

 

3、ボウルに豆腐を入れてつぶし、長いもを加え、溶き卵(1個)を少しずつ入れて混ぜ、塩(小1/4)、薄口しょうゆ(大1/4)、えのきだけ、かにを缶汁ごと混ぜ合わせ、器に入れて、蒸気の上がった蒸し器で弱火で15分蒸します。

かにの南禅寺蒸し

※かに缶は汁ごと加える。
※蒸気の上がった蒸し器に入れ、弱火で15分蒸す。

4、鍋に銀あんのだし(300ml)・みりん(大さじ1と1/3)・薄口しょうゆ(大さじ1と1/3)を入れて煮立て、水溶き片栗粉(適量)でとろみをつけます。

かにの南禅寺蒸し

5、(3)に(4)をかけて、おろししょうが(10g)と青ねぎ(小口切り 1/2本)をのせます。

かにの南禅寺蒸し

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ