えんどうと海老の炒めもの

スポンサーリンク

えんどうと海老の炒めもの

えんどうと海老の炒めもの

料理名 えんどうと海老の炒めもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト 小沢一敬
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年4月12日(火)

 

春らしい色鮮やかな一皿

「春の野菜」というテーマで、グリンピースを使った「えんどうと海老の炒めもの」の作り方の紹介です。エビとグリンピースの色が鮮やかな仕上がりの一皿。「えんどう(豆)が甘いなぁ。柔らかくて、旬ってこういうことですね。」と上沼恵美子さんもコメントしていました。

スポンサーリンク

えんどうと海老の炒めものの材料(2人分)

 

グリンピース(さや入り) 200g
むきえび 20尾(150g)
青ねぎ 1本
しょうが(薄切り) 5g
適量
片栗粉 適量
適量
(えびの下味)
ひとつまみ
こしょう 適量
紹興酒 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1/2
(合わせ調味料)
紹興酒 小さじ1と1/2
小さじ1
小さじ1/4
砂糖 小さじ1/3
片栗粉 小さじ1/5
ごま油 小さじ1/2

 

 

えんどうと海老の炒めものの作り方

1、むきえび(20尾(150g))は背わたを取り、塩(適量)、片栗粉(適量)、水(適量)でもみ、水で洗って水気をしっかり取り、背に切り込みを入れ、えびの下味の塩(ひとつまみ)、こしょう(適量)、紹興酒(小1/2)を加えてもみ、片栗粉(小1/2)を混ぜる。

※えびは背に切り込みを入れる。

-

2、グリンピース(さや入り 200g)はさやから取り出し、熱湯に塩(適量)を入れてゆで、指でつぶしてやわらかさを確認し、落とし蓋をして流水を少しずつ加えながら冷ます。

※グリンピースは流水を少しずつ加えて冷ます。

-

3、青ねぎ(1本)は1cm長さの斜め切りにし、青い部分と白い部分に分ける。

-

4、合わせ調味料の紹興酒(小1と1/2)、水(小1)、塩(小1/4)、砂糖(小1/3)をしっかり混ぜて溶かし、片栗粉(小1/5)、ごま油(小1/2)を混ぜる。

-

えんどうと海老の炒めもの5、鍋に油(適量)を熱し、1のえびに中火で火を通していったん取り出す。

-

えんどうと海老の炒めもの6、油(適量)を足して青ねぎの白い部分、しょうが(薄切り 5g)を炒め、グリンピースを加えて中火で炒めて香りを出し、5のえびを戻し入れ、強火にして4の合わせ調味料、青ねぎの青い部分を加える。

-

えんどうと海老の炒めもの7、器に盛り、えんどうと海老の炒めものの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ