あじと夏野菜のタイム風味

スポンサーリンク

あじと夏野菜のタイム風味

あじと夏野菜のタイム風味

料理名 あじと夏野菜のタイム風味
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
講師 若林知人
ゲスト えなりかずき
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年6月18日(水)

 

トマトソースと相性抜群!

材料(2人分)

あじ(三枚おろし)  2枚(160g)
バージンオリーブ油  大さじ2
ズッキーニ  1/2本
なす  1本
ブラックオリーブ  10個
タイム(生)  6枝
トマトソース  100ml
 大さじ2
 適量
コショウ  適量
バージンオリーブ油  適量

スポンサーリンク

作り方

アジの下処理

1、準備

スーパーで購入した、3枚に押しているものをつかいます。背側のぜいごをとります。そして、おなか側の骨、抜かなくてはいけない骨をできるだけ取ります。

2、ハーブで香りをつける

あじと夏野菜のタイム風味西洋料理でよく行う、ハーブでの香りづけをします。今回は、タイム(生)6枝を使います。タイムは、魚だけではなく、肉にもよく合います。

3、マリネする

あじと夏野菜のタイム風味バージンオリーブ油(大さじ2)をふりかけます。ハーブのくらい香りは油に移りやすく、この油がアジ全体を覆うわけです。

野菜の準備

1、カット

ズッキーニ(1/2)は、火が通りやすいように、1cm幅くらいにカットします。同じく、なす(1本)も1cm幅くらいにカットします。

2、炒める

フライパンにオリーブオイルをいれ、軽く温めます。野菜はいっぺんに入れてしまいましょう。塩・こしょうで、少し味をつけておきます。

3、返す

あじと夏野菜のタイム風味片面2分くらいで返していきます。しっかり焼き目がついたらO.K.です。バージンオリーブ油が足らなければ、適量を足します。反対側にも、塩・こしょうで味付けしましょう。

表面が柔らかくなり、水が出てきたら火が通ったサインです。火を弱めます。

 

ソース

1、加える

ブラックオリーブ(10個)を加えます。軽くソテーすると、フライパンの熱で香りが広がります。

4、色付けと調整

あじと夏野菜のタイム風味トマトソース(100ml)を加えます。このままでは味が濃いので、水(大さじ2)を加えて薄めます。この段階で、野菜のソテーからトマト煮のような感じになっていきます。

塩とコショウで味を調えます。これでソースは完成です。

合わせる

1、アジを焼く

あじと夏野菜のタイム風味アジの表面についた油を軽くとります。キッチンペーパーを使うと簡単です。塩とコショウをかるくふりかけて、焼いていきます。

皮をパリッとさせるために、アジは皮目のほうから焼いていきます。反対側はそれほど焼かなくても結構です。

2、盛り付け

あじと夏野菜のタイム風味まずはソースをお皿に盛りつけます。その上に、焼いたアジを乗せ、パージンオリーブ油(適量)をふりかけます。これで完成です。

まとめ

本格フランス料理が、ご家庭で作れます。夏野菜のうまみが引き立つこの料理は、「フランスに行く必要ないやん!」と、上沼恵美子さん絶賛です。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ