里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

スポンサーリンク

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

料理名 里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ
番組名 モーニングバード!プロ技キッチン!
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年12月10日(水)

 

お正月のおせちにも!

栄養豊富でヘルシーな里芋を使って、「里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ」の作り方を柳原尚之さんが紹介していました。ぬめりのある里芋を上手に扱って日頃のおかずに、お正月のおせちにと重宝な里芋の煮物をマスターしましょう。今回は、鶏ささみのそぼろあんをかけて、よりご飯によく合う一品に仕上げます。

スポンサーリンク

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけの材料(2人分)

 

里芋 4個(約400g)
柚子の皮 適量
【下味の調味料】
カツオ昆布だし 400cc
砂糖 大さじ2と1/2
うす口しょう油 大さじ1と1/2
みりん 大さじ2
【鶏そぼろあん】
鶏ささみ 100g
カツオ昆布だし 150cc
砂糖 大さじ2と1/2
しょう油 大さじ2
片栗粉 大さじ1
大さじ1

 

 

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけの作り方

 

里芋の下ごしらえ

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

1、里芋(4個(約400g))はよく洗って土を落とし、上下を切り落とし断面が六角形になるように皮をむく。

※親指と親指をくっつけながら皮をむくと、滑りにくく、より安全にむきやすくなる。

※皮をむいている途中に水で洗うと、ぬめりが出やすくなるので、皮をむき終わってから、水で洗う。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ2、里芋を塩(分量外 適量)でもみ、余分なぬめりが出たら、水洗いし縦半分に切る。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ3、米のとぎ汁(分量外)で里芋を約15分ほど下茹でする。茹で上がったら軽く水をきる。

※米の研ぎ汁で茹でると、ぬめりが出るのを抑えられ、味が入りやすくなる。

 

鶏そぼろあんを作る

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

4、鶏ささみ(100g)を包丁で細かくなるまで叩いて挽き肉にする。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ5、鍋にだし(150cc)、砂糖(大2と1/2)、しょう油(大2)を混ぜ合わせて温める。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ6、火を消して、温かい状態の鍋に4の鶏ささみを入れて、そぼろ状になるまで混ぜ合わせる。

※火を消して混ぜる事で、挽き肉がダマになるのを防げる(陸混ぜ:おかまぜ)。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ7、鍋を再度、火にかけて強火で沸騰させアクを中央によせて取り除き、火を止める。

※強火で沸騰させる事によって、アクが鍋の真ん中に集まり、簡単にアクが取り除ける。

※アクを取ると、煮汁に透明感が出て、雑味が取れ美味しくなる。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ8、片栗粉(大1)と水(大1)を混ぜ合わせた水溶き片栗粉を回し入れ、再度火にかけて、さっと混ぜる。

 

仕上げる

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ

9、別鍋にカツオ昆布だし(400cc)、3の里芋を入れ煮立ったら、砂糖(大2と1/2)を入れて落とし蓋をして約2~3分煮る。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ10、うす口しょう油(大1と1/2)、みりん(大2)を加え、落とし蓋をして約5分煮る。

※みりんは、最初に入れると煮崩れしやすくなる為、最後に加える。

※里芋にヒビが入り始めたら美味しく煮えた合図。ヒビが入りすぎると煮崩れしてしまうので注意。

里芋の煮物~鶏そぼろあんかけ11、9の里芋を皿に盛り付け、(温め直した)10の鶏そぼろあんをかける。最後に千切りした柚子の皮(適量)を乗せて、里芋の煮物~鶏そぼろあんかけの完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ