奥薗流トマトキムチ鍋

スポンサーリンク

奥薗流トマトキムチ鍋

奥薗流トマトキムチ鍋

料理名 奥薗流トマトキムチ鍋
番組名 みんなの家庭の医学
料理人 奥薗壽子
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年12月9日(火)

 

トマトキムチ鍋で、夜間頻尿の予防・改善を

冬に増える身体の不調解消スペシャルということで、塩分を摂りすぎている人は夜の頻尿になりやすいことが判明。減塩して夜間頻尿の予防・改善しましょうと、お馴染み奥薗壽子さんが、「トマトキムチ鍋」を作ってレシピを紹介していました。あさり、昆布、トマトの旨味が濃縮された一品。キムチの辛さと玉ねぎやかぼちゃの甘味も味わえます。塩分量(1人前):1.9g

スポンサーリンク

奥薗流トマトキムチ鍋の材料(3人分)

 

豚肩ロース薄切り肉(またはバラ肉) 150g
玉ねぎ 1/2個
かぼちゃ 150g
にら 1/2束
豆腐 1丁(300g)
白菜キムチ 100g
スープ
100cc
あさり(砂抜きする) 150g
トマト 2個
ニンニク 1かけ
赤唐辛子(輪切り) 1本
昆布(1X10cm) 1枚
醤油 小さじ2
ごま油 適宜
いりごま 適宜

 

 

奥薗流トマトキムチ鍋の作り方

奥薗流トマトキムチ鍋1、豚肩ロース薄切り肉(またはバラ肉 150g)、豆腐(1丁(300g))、にら(1/2束)を一口大に切る。

-

奥薗流トマトキムチ鍋2、玉ねぎ(1/2個)、かぼちゃ(150g)を一口大に切る。

※甘味の出る玉ねぎとかぼちゃを使うことで、キムチの持つ辛さ自体も旨味に変える

-

奥薗流トマトキムチ鍋3、鍋にあさり(砂抜きする 150g)、水(100cc)、昆布(1x10cm 1枚)をハサミで切りながら入れ火にかける。

※あさりは水から煮出し、旨味を最大限引き出す

※昆布を細かく切って入れることでダシとしてだけでなく、具材としても食べられる

-

奥薗流トマトキムチ鍋4、あさりの口が開いたら、あさりをいったん取り出す。スープは鍋に残しておく。

-

奥薗流トマトキムチ鍋5、鍋にトマト(2個)、ニンニク(1かけ)をすりおろす。

※水の代わりに旨味成分たっぷりのトマトをスープにする

-

奥薗流トマトキムチ鍋6、5の鍋に豚肉、玉ねぎ、かぼちゃ、赤唐辛子(輪切り 1本)をお好みで入れ、蓋をしてひと煮立ちさせる。

-

奥薗流トマトキムチ鍋7、豆腐、キムチ(100g)を加える。

-

奥薗流トマトキムチ鍋8、豆腐が温まったら、4のあさりを戻し入れる。

-

奥薗流トマトキムチ鍋9、醤油(小2)を加え入れる。

※醤油を最後に加えることで、少量でも塩味をしっかり感じられる

-

奥薗流トマトキムチ鍋10、ごま油(適宜)、いりごま(適宜)、にらを加えて、奥薗流トマトキムチ鍋の完成。

-

 

しめ

奥薗流トマトキムチ鍋

ご飯、焼き海苔を加えてスープを染み込ませ、ごま油をかけてビビンバ風おじやに。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ