トマトと豆のピリ辛鍋

スポンサーリンク

トマトと豆のピリ辛鍋

トマトと豆のピリ辛鍋

料理名 トマトと豆のピリ辛鍋
番組名 たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学
料理人 奥薗壽子
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年9月1日(火)

 

レンジ加熱で簡単キムチ鍋

腸内フローラ&新型認知症SPということで、番組でお馴染み奥薗壽子さんが、「トマトと豆のピリ辛鍋」を作って乳酸菌とビフィズス菌を効果的に増やす腸内フローラ改善料理をおすすめ。発酵食品のキムチととろ~りチーズ、味つけに味噌とヨーグルトを使った4つの乳酸菌で便秘しらず。今回は鍋を使わずに、直接、器を電子レンジ加熱で仕上げます。火を使わずに暑い夏も手軽に作れるキムチ鍋のレシピです。

スポンサーリンク

トマトと豆のピリ辛鍋の材料(2人分)

 

トマト 2個
オクラ 8本
なめこ 1袋
ゆで大豆 100g
白菜キムチ 100g
ちりめんじゃこ 10g
ピザ用チーズ 50g
ニンニク(すりおろし) 1かけ
昆布(1x10cm) 1枚
ゴマ油 適宜
合わせ調味料
ヨーグルト 大さじ2
みりん 大さじ1~2
味噌 大さじ1

 

 

トマトと豆のピリ辛鍋の作り方

1.トマト(2個)はヘタを取り除きざく切りに、オクラ(8本)は小口切りにする。

※食物繊維は10g摂るとよい。トマトは食物繊維1.5g。オクラはレタス1個分の食物繊維に匹敵する食物繊維1.8g

-

2.ボウルに1のトマトとオクラ(半量)、ゆで大豆(100g)、白菜キムチ(100g)、なめこ(1袋)、ニンニク(すりおろし 1かけ)、ちりめんじゃこ(10g)、昆布(1x10cm 1枚)をハサミで切りながら加え入れて、軽く混ぜ合わせる。

※食物繊維はゆで大豆3.5g、白菜キムチは1.35g、ニンニクは0.29g、昆布は0.09g、なめこは1.65g

-

トマトと豆のピリ辛鍋3.合わせ調味料の味噌(大1)、ヨーグルト(大2)、みりん(大1~2)をよく混ぜ合わせる。

-

トマトと豆のピリ辛鍋4.耐熱用の器に2を等分に分け入れて、3の合わせ調味料を上からかける。ピザ用チーズ(50g)、残りのオクラをのせて、ラップをし電子レンジ(600W)で3分加熱する。

 

-

トマトと豆のピリ辛鍋5.取り出してゴマ油(適宜)を回しかけて、トマトと豆のピリ辛鍋の完成。

同日放送紹介【乳酸菌とビフィズス菌を効果的に増やす腸内フローラ改善料理】

「長芋サラダ乳酸菌たっぷりソース」のレシピは⇒こちら
「トマトチキンカレー」のレシピは⇒こちら


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ