鶏すき

スポンサーリンク

鶏すき

料理名 鶏すき
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年1月14日(土)

 

シメまで美味しい鶏すき

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「鶏すき」の作り方を紹介していました。鶏もも肉だけでなく鶏レバー、砂肝も入った深い大人の味わいの鶏すきレシピです。最後には卵でとじて親子丼でしめるのもオススメ!

スポンサーリンク

鶏すきの材料(2人分)

 

割りした 約2/3カップ
鶏もも肉 1枚(280g)
砂肝、レバー 約160g(合わせた分量)
ごぼう 中1本(約150g)
春菊 1/2束(100g)
粉山椒、または七味唐辛子 各適量
(お好みで)卵、ご飯 適量

 

 

鶏すきの作り方

1.ごぼう(中1本(約150g))をささがきにします。鶏もも肉(1枚(280g))は切り叩いてからひと口大に切ります。レバーと砂肝は合わせて約160g用意し、レバーはぶつ切りに、砂肝は2つに切り蛇腹に切り込みを入れます。

-

2.鍋にごぼうを敷いて、1の鶏肉を広げて入れ、割り下(約2/3カップ)を適量注ぎます(無理に全部入れなくても、途中で追い足ししても構いません)。火をつけて煮て、煮立ってくれば、箸を添えて、肉を返します。

鶏すき

-

3.肉に火を入ったら火を弱めて鶏すきの完成。春菊(1/2束(100g))はさっと煮て、すぐに引き上げます。取り鉢にとって、お好みで粉山椒、または七味唐辛子(各適量)を添えていただきます。

鶏すき

●肉が減ったら肉を足して、割りしたを補います。

-

4.おおよそ食べきったところで、卵(適量)を溶きます。鍋の煮汁が煮立ったところに、溶き卵を注いでとじます。ご飯(適量)をよそって、上にのせれば親子丼の完成。

鶏すき

-
≪割りした(約2カップ分)≫

鍋に削りがつお節(15g)、みりん(1/2カップ)、醤油(1/2カップ)、砂糖(大1)、水(1と1/4カップ)を入れて中火強で煮立たせます。アクを取りながら弱火にしてこします。手早く冷まして割り下の完成。

鶏すき

●冷蔵庫で保存可能


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ