鰤(ぶり)の照り焼き

スポンサーリンク

鰤(ぶり)の照り焼き

鰤(ぶり)の照り焼き

料理名 鰤(ぶり)の照り焼き
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年12月13日(土)

 

身をふっくらと!冷めてもおいしい

旬のブリの切り身を使った定番おかず「鰤(ぶり)の照り焼き」。土井善晴さんのフライパンで照り焼きにする作り方です。蒸し焼きにすることで、身がふっくらと仕上がります。脂を除いてすっきりと!甘辛いたれがご飯によく合います。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずやお正月のおせちにも重宝な一品です。

スポンサーリンク

鰤(ぶり)の照り焼きの材料(作りやすい量)

 

ブリ(切り身) 4切れ(1切れ100~110g)
サラダ油 大さじ1
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
醤油 大さじ2
大さじ2

 

 

鰤(ぶり)の照り焼きの作り方

1、ブリ(切り身 4切れ(1切れ100~110g))は、表面の水分をキッチンペーパーで押さえる。

-

鰤(ぶり)の照り焼き2、フライパンにサラダ油(大1)を熱し、ブリの表側を下にして入れ、焼き色がつけば返して焼く。

※焼き色をつけることで、しょうゆの色がきれいになり、香ばしくなる

-

鰤(ぶり)の照り焼き火を弱めて、残った脂をキッチンペーパーで拭く。

※余分な脂は、酸化して味を損なうため取り除く

-

鰤(ぶり)の照り焼き3、2に砂糖(大2)、みりん(大2)、醤油(大2)、酒(大2)を加えて蓋をして、ごく弱火で5分火を通す。

※弱火で5分蒸し焼きにし、ふっくら仕上げる

-

鰤(ぶり)の照り焼き4、蓋を取って火を強め、一度返してなじませ、中火で煮汁を煮詰め、煮汁を絡める。

-

鰤(ぶり)の照り焼き5、皿に盛り、煮汁をかけて鰤(ぶり)の照り焼きの完成。

-
<保存の場合>

鰤(ぶり)の照り焼き網に取り出して冷ます。

※煮汁を少しかけておくと、煮こごっておいしい

-

鰤(ぶり)の照り焼き小さく切り、おせちにも使える。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ