鰆の塩焼き

スポンサーリンク

鰆の塩焼き

鰆の塩焼き

 

 

料理名 鰆の塩焼き
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年2月7日(土)

 

シンプルな塩焼きはカリッとふんわり

今日のおかずのクッキングでは、「鰆の塩焼き」を作って紹介していました。皮目から弱火でじっくりと火を通すことがポイント!塩焼きがカリッとふんわりびっくりするほどおいしくなります。今回は切り身魚に鰆を使ってますが、鯛でもおいしくできます。

スポンサーリンク

鰆の塩焼きの材料(2人分)

 

切り身魚(鰆) 2切れ(70~80g)
適量
サラダ油 大さじ1

 

 

鰆の塩焼きの作り方

鰆の塩焼き1、切り身魚(鰆 2切れ(70~80g))は、キッチンペーパーで水分を押さえ、焼く直前に両面に塩(適量)をする。

※表面の水分を取って、雑味を抑える

鰆の塩焼き2、フライパンにサラダ油(大1)を温め、切り身魚の皮目を下にして入れる。

弱火でゆっくり8分ほど焼いて八分通り火を通す。

※皮目から焼くことで、皮はカリッと身はふっくら

フライパンの余分な脂を拭き、返して1分ほど焼く。

※余分な脂を拭き、臭いを抑える

※返すのは1度だけ

鰆の塩焼き皿に盛り、鰆の塩焼きの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ