金時豆とほうれん草のバター煮

スポンサーリンク

金時豆とほうれん草のバター煮

金時豆とほうれん草のバター煮

料理名 金時豆とほうれん草のバター煮
番組名 おかずのクッキング
料理人 植松良枝
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年11月28日(土)

 

コクと甘みの一品

野菜料理のプロ植松良枝さんが、「金時豆とほうれん草のバター煮」の作り方を紹介。ほくっとした金時豆にバターのコクと蒸し煮にしたほうれん草の甘みがぴったり!金時豆を下茹でしておけば、いつでも手軽にできる一品です。

スポンサーリンク

金時豆とほうれん草のバター煮の材料(4人分)

 

ほうれん草 1束(約200g)
金時豆(北海道産の乾物を下ゆでしたもの) 1カップ(約150g)
バター 20g
オリーブオイル 適量
小さじ1/3
金時豆の下ゆで(作りやすい分量)
金時豆(北海道産の乾物) 250g

 

 

金時豆とほうれん草のバター煮の作り方

金時豆とほうれん草のバター煮●金時豆(北海道産の乾物 250g )の下ゆで(出来上がり約600g)。金時豆は軽く洗い、豆の約3倍の水で一晩(8時間)、またはぬるま湯に約4時間つける。

戻し汁ごと厚手の鍋に移し、強火で沸騰させ沸騰したらアクを除く。

豆が水面から出ないように途中で水を足し、1時間前後、豆が柔らかくなるまでゆでたら完成。

※余った豆は、茹で汁ごと保存袋に入れ、冷凍で2~3ヶ月は保存可能。使う時は、袋から凍ったまま鍋に取り出し、蓋をして弱火でゆっくり解凍。

-

1.ほうれん草(1束(約200g))はざく切りにし、しっかりと水気をきって厚手の鍋に入れる。

※厚手の鍋を使う

-

金時豆とほうれん草のバター煮2.1に汁気を適度にきった金時豆(北下ゆでしたもの 1カップ(約150g))を加え、塩(小1/3)、バター(20g)を加えて蓋をして強火にかけ、カサが減ったら上下を返し(焦げつきそうなら、豆のゆで汁少々を加えて)、2~3分加熱する。

献立の他の料理にあわせて加減して塩(適量)をふり、オリーブオイル(適量)をかける。

※旨みのある豆の茹で汁は残しておき、あとから少し加える

-

金時豆とほうれん草のバター煮3.器に盛り、金時豆とほうれん草のバター煮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ