近茶流追い込みちらし

近茶流追い込みちらし

料理名 近茶流追い込みちらし
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年2月24日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、柳原尚之さんが「近茶流追い込みちらし」の作り方を紹介しました。

近茶流追い込みちらしの材料(6人分)

 

<追い込みの具材>
にんじん(4cm長さのせん切り) 150g
A
だし汁 1カップ
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ4
干し椎茸(もどして薄切り) 4~5枚分
B
砂糖、醤油 各大さじ1
油揚げ(油抜きしてせん切り) 3枚分
C
砂糖 大さじ4
醤油 大さじ1
(甘酢れんこん)
れんこん 80g
D
米酢 1/4カップ
砂糖 大さじ1と1/2
小さじ1/4
(錦糸玉子2枚)
2個
砂糖 小さじ2
絹さや 30g
焼きのり 1枚
紅生姜 適量
<すし飯>
3カップ
690ml
<打ち酢>
米酢 60ml
うす口醤油 小さじ1と1/2

 

 

近茶流追い込みちらしの作り方

1.にんじん(4cm長さのせん切り 150g)をAのだし汁(1カップ)・砂糖(大さじ2)・醤油(大さじ4)で味が入るまで煮ます。

煮汁からにんじんを取り出し、煮汁にBの砂糖、醤油(各大さじ1)と干し椎茸(もどして薄切り 4~5枚分)を加え、味が入るまで煮ます。

椎茸を取り出し、残った煮汁にCの砂糖(大さじ4)・醤油(大さじ1)と油揚げ(油抜きしてせん切り 3枚分)を加え、味が入るまで煮ます。

 

 

2.甘酢れんこんを作ります。

れんこん(80g)は皮をむき、薄い半月切りにします。Dの米酢(1/4カップ)・砂糖(大さじ1と1/2)・塩(小さじ1/4)を合わせて甘酢を作ります。

酢少々(分量外)を加えた水から透明感が出るまでれんこんをゆで、熱いうちに甘酢に漬けます。

 

 

3.錦糸玉子を作ります。

卵(2個)をよく溶き砂糖(大2)を溶かし、薄焼き玉子を2枚作り、せん切りにします。

 

 

 

4.絹さや(30g)は塩(分量外)をひとつまみ入れた熱湯で茹で、水(690ml)にとり、斜めせん切りにします。

 

 

5.焼きのり(1枚)は炙り、揉んで細かくします。

 

 

 

6.すし飯を作ります。

米(3カップ)は分量の水で炊いて約10分蒸らします。

打ち酢の米酢(1/4カップ)とうす口醤油(大4)を混ぜておきます。

蒸らし終えたご飯を飯台にあけ、打ち酢を回しかけ、しゃもじで切るように混ぜます。酢飯が温かいうちに1の具を混ぜこみ、うちわであおいで冷まします。

 

7.器に盛り、焼きのりを散らす、2、3、4、紅生姜(適量)を飾ります。

このページの先頭へ