豚丼

豚丼

料理名 豚丼
番組名 おかずのクッキング
料理人 片岡護
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年4月14日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、片岡護さんが「豚丼」の作り方を紹介しました。ジューシーでやわらかい豚肉を薄切りにしてさらに食べやすく。豚肉とご飯にからむ焼き肉のたれ風のソースが食欲をそそり、お代わり必至の味。

豚丼の材料(2人分)

 

豚ロース肉(厚さ2cm) 250g
温かいご飯 茶碗2杯分
塩、粗びき黒こしょう 各適量
オリーブオイル 適量
マリネ液
みりん 大さじ2
大さじ2/3
はちみつ、おろし生姜 小さじ1
青ねぎのみじん切り 大さじ1
醤油 大さじ2
にんにくのみじん切り 小さじ1
バルサミコ酢(なければ酢) 大さじ2/3
オリーブオイル 大さじ1/2
ローズマリー 1枝
A
50ml
みりん、醤油 各40ml
B
りんごのすりおろし 1/4個分
おろし生姜 大さじ1
玉ねぎのすりおろし 1/4個分
おろしにんにく 大さじ1/2
長ねぎのみじん切り 大さじ1
玉ねぎの縦薄切り、キャベツのざく切り 各70g
青ねぎの小口切り 適量

 

 

豚丼の作り方

1.豚ロース肉(厚さ2cm 250g)は塩、黒こしょう各適量を両面にふり、オリーブオイル大さじ1をまぶしておきます。

マリネ液のみりん(大さじ2)・酒(大さじ2/3)・はちみつ、おろし生姜(小さじ1)・青ねぎのみじん切り(大さじ1)・醤油(大さじ2)・にんにくのみじん切り(小さじ1)・バルサミコ酢(なければ酢 大さじ2/3)・オリーブオイル(大さじ1/2)・ローズマリー(1枝)は合わせておきます。

 

2.フライパンにオリーブオイル大さじ1を強火で熱し、豚肉を入れ、両面に香ばしい焼き色がついたら取り出します。

粗熱がとれたら、ジッパー付きの保存用袋に豚肉、マリネ液を入れ、空気を抜いて口を閉じる。鍋に湯を65℃に温め、袋ごと豚肉を入れて湯せんします。

30分たったら取り出します。

 

 

3.肉汁が残ったフライパンにAの酒(50ml)・みりん、醤油(各40ml)の酒(大2/3)を入れて煮立て、アルコール分がとんだら、みりん(大2)、醤油(大2)を入れて弱火にかけてなじませ、Bのりんごのすりおろし(1/4個分)・おろし生姜(大さじ1)・玉ねぎのすりおろし(1/4個分)・おろしにんにく(大さじ1/2)・長ねぎのみじん切り(大さじ1)、2のマリネ液を加え、中火でとろみが出るまで煮つめます。

 

 

4.別のフライパンにオリーブオイル少々を中火で熱し、玉ねぎの縦薄切り、キャベツのざく切り(各70g)を入れて炒めます。

塩、黒こしょう各少々を加えて炒め、しんなりとしてきたら、水少々(分量外)を加えてくったりとさせ、火を止めます。

 

 

5.2の豚肉を斜め薄切りにします。器にご飯を盛り、4、豚肉を盛り、3にかけ、青ねぎの小口切り(適量)をふります。

このページの先頭へ