豆腐のすり流し

スポンサーリンク

豆腐のすり流し

料理名 豆腐のすり流し
番組名 おかずのクッキング
料理人 松丸奨
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年9月24日(土)

 

豆腐のつぶつぶ感を残して

現役小学校の給食栄養士で「給食王子」こと松丸奨さんが、「しゃけのちゃんちゃん焼き」と「豆腐のすり流し」の2品を紹介していました。ここでは、「豆腐のすり流し」の作り方になります。豆腐は包丁の腹ですりつぶし、つぶつぶ感を残すところとがポイントです。

スポンサーリンク

豆腐のすり流しの材料(1人分)

 

木綿豆腐 100g
ほうれん草 30g
えのきだけ 30g
人参 10g
昆布だし 200cc
和風だしの素(顆粒) 小さじ1
醤油 小さじ1

 

 

豆腐のすり流しの作り方

1.ほうれん草(30g)はさっと茹でてから、食べやすく切り、えのきだけ(30g)は石づきを切って小房に分けて、半分に切ります。人参(10g)は皮を剥いてせん切りにします。

-

2.木綿豆腐(100g)は1cm幅くらいに切ってから、包丁の腹ですりつぶします。

※包丁の腹ですりつぶし、つぶつぶ感を残す

-

3.鍋に昆布だし(200cc)を沸かし、和風だしの素(顆粒 小1)と人参、えのきを入れ、火が通れば豆腐を入れます。

ひと煮立ちしたら、ほうれん草を加え、醤油(小1)で味を調えます。

豆腐のすり流し

-

4.器に盛り、豆腐のすり流しの完成。

豆腐のすり流し


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ