親子丼

スポンサーリンク

親子丼

親子丼

料理名 親子丼
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年4月2日(土)

 

手作り丼ぶりだしでふんわり卵の親子丼

削りがつおと昆布を入れて、風味よい旨口のどんぶりだしで作る「親子丼」のレシピを土井善晴さんが紹介していました。微妙な火加減がポイント!ゆっくりと火を通し、卵が大きくふっくらと仕上げます。手作りのだしは醤油、みりん、水の割合は1:1:4に砂糖が少しと覚えましょう。

スポンサーリンク

親子丼の材料(1人分)

 

どんぶりだし(4人分)
昆布(8cm角) 1枚
削りがつお 10g
砂糖 大さじ2
醤油 1/4カップ
みりん 1/4カップ
1カップ
親子丼(1人分)
どんぶりだし 60cc
鶏もも肉 60g
干ししいたけ 1枚
ごはん どんぶり1杯分
1個
三つ葉 1/5束

 

 

親子丼の作り方

親子丼1.どんぶりだしを作る。鍋に昆布(8cm角 1枚)、削りがつお(10g)、砂糖(大2)、醤油(1/4カップ)、みりん(1/4カップ)、水(1カップ)を入れる。弱火で6分間ゆっくり時間をかけて煮立てる。

※弱火でゆっくり時間をかけて煮立てる

-

2.最後に少し火を強めて、浮いたアクを除き布巾でこし固く絞りきる。

※保存容器に入れ冷蔵庫で4~5日保存可能。

-

3.親子丼を作る。具材の下ごしらえ。

・干ししいたけ(1枚)は水に浸し、ポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておく。1時間以上は浸す。水で戻したら軸をとり、薄切りにする(2~3日入れっぱなしでもOK)。

・三つ葉(1/5束)は食べやすい長さに切る。

・鶏もも肉(60g)は余分な脂を掃除し、一口にころりと切る。

・卵(1個)は鮮度のよいものを選び、きれいに溶いておく。

・ごはんは少し固め、いつもより5%引の水で炊きあげる。

-

4.仕上げる。小さめのフライパン(直径18cm)に鶏肉、しいたけ、どんぶりだし(60cc)を入れて中火にかけ、鶏肉全体の色が変わる程度に火を通す(この時点では鶏肉の中まで火は入っていなくても結構)。

-

親子丼5.火を少し強めて、三つ葉を入れて、煮汁が煮立ったところをめがけて、溶き卵を箸に沿わせて、少しずつ注ぐ。

※煮汁が煮立ったところに溶き卵を箸に沿わせて注ぐ

-

6.煮立ったらすぐに火をごく弱火し、蓋をして3分ほど蒸す。

※ごく弱火して3分ほど蒸す

-

親子丼7.丼ぶりにごはん(どんぶり1杯分)をよそい、6を上に盛り、親子丼の完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

親子丼の人気レシピ

第1位

簡単!美味!行列のできるあのお店みたいな【親子丼】

簡単!美味!行列のできるあのお店みたいな【親子丼】

定番の人気の親子丼。行列のできるあの、有名店より美味しいなんてほめ言葉をいただいている、親子丼です。おうちでも、あの味が簡単にできるんですよ。

第2位

*ふわとろ♪親子丼*

*ふわとろ♪親子丼*

夫が親子丼を食べたいと言うので、記憶を呼び起こしながら何年か振り!?に作りました☆ふわふわ~とろとろにできました♪

第3位

誰に出しても大好評♪とろふわっ親子丼

誰に出しても大好評♪とろふわっ親子丼

家にある材料で、簡単にできます♪ 誰に出しても大好評です♪

第4位

めんつゆで☆簡単つゆだく親子丼

めんつゆで☆簡単つゆだく親子丼

味付け簡単、ヤマサの昆布つゆだけ♪ 玉ねぎたっぷりで優しいお味のつゆだく親子丼ができました♪

このページの先頭へ