笑山からし酢和え

スポンサーリンク

笑山からし酢和え

笑山からし酢和え

料理名 笑山からし酢和え
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年4月4日(土)

 

噛んで美味しい

わらびやうどなどほろ苦い山菜と、酸味や練り辛子の辛みがまとまった「笑山からし酢和え」の作り方です。“山笑ふ”とは、芽吹き始めた華やかな山の様子を表した春の季語。食感を噛みしめて、春を味わう一品です。

スポンサーリンク

笑山からし酢和えの材料(2人分)

 

大根 100g
人参 25g
うど 50g
わらび 3~4本
重曹 少々(耳かき1杯分)
くるみ 10g
サラダ油 少々
<からし酢>
大さじ3
砂糖 大さじ2
だし汁 大さじ1
うす口醤油 小さじ1
練り辛子 小さじ1

 

 

笑山からし酢和えの作り方

笑山からし酢和え1、うど(50g)は厚めに皮をむき、千切りにして、酢水にさらしアクを抜く。大根(100g)、人参(25g)も皮をむき同じように千切りにする。

※縦の繊維に沿って切ることで、食感が良くなる

-

笑山からし酢和え2、鍋にたっぷりのお湯を沸かし、重層を入れわらび(3~4本)をゆでる。

指でつぶれるくらいやわらかくなったら水にとり冷まし、うどと同じような長さに切る。

※わらびは重層を加えた、たっぷりの湯で茹でることで、アクが抜ける

-

笑山からし酢和え3、フライパンにサラダ油(少々)をひきくるみ(10g)を入れ、キツネ色になるまで煎る。細かく刻む。

-

笑山からし酢和え4、鍋にからし酢の酢(大3)、砂糖(大2)、だし汁(大1)、うす口醤油(小1)を入れてひと煮したら火を止め冷ます。

-

笑山からし酢和え5、4をボウルに移し、練り辛子(小1)を加えて混ぜ合わせる。

※練り辛子は冷めてから加える(熱いと辛みが飛んでしまう)

-

笑山からし酢和え6、別のボウルに1の野菜、2のわらびを入れて混ぜ合わせ、5のからし酢の半量を加えて和える。

-

笑山からし酢和え7、器に盛り、3のくるみ、残りのからし酢をかけて、の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

酢の人気レシピ

第1位

お酢で疲労回復☆手羽元のさっぱり煮

お酢で疲労回復☆手羽元のさっぱり煮

お酢を使って手羽元を炒め煮にしました。 にんにくとしょうががうまさのポイントです。

第2位

うまっ!大根の漬物

うまっ!大根の漬物

さっぱり味の大根の漬物です。漬ければ漬けるほど本当に美味しくって止まらなくなります!大根1本もあっという間に食べれちゃいますよ♪

第3位

お寿司屋さんのガリをおうちで”新生姜の甘酢漬け”

お寿司屋さんのガリをおうちで”新生姜の甘酢漬け”

新生姜の出回る頃になると、この甘酢漬けを作ります。甘酸っぱいガリが出来上がります。殺菌作用のある甘酢漬けお弁当に入れたり、炊き込みご飯にしたり・・。

第4位

ヘルシー☆胸肉の南蛮漬け

ヘルシー☆胸肉の南蛮漬け

フライパンでヘルシーに。

このページの先頭へ