焼き餃子

スポンサーリンク

焼き餃子

焼き餃子

料理名 焼き餃子
番組名 おかずのクッキング
料理人 ウーウェン
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年9月12日(土)

 

肉汁たっぷりの焼き餃子を

中華料理の人気おかず「焼き餃子」をより美味しく!とウー・ウェンさんが、作り方を紹介していました。シンプルな餡を驚くほどジューシーに!今回は市販の餃子の皮を使って手軽に作ります。餡にはひき肉を使わず、豚こま切れ肉を刻みジューシーに!餡がおいしければ家でとびきりの焼き餃子が楽しめます。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

焼き餃子の材料(20個分・4人分)

 

市販の餃子の皮(大判・薄め) 1袋(20枚)
サラダ油 大さじ1
差し水 1/2カップ
(餡)
豚こま切れ肉 300g
こしょう 少々
大さじ1
醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
生姜のみじん切り 大さじ1
長ねぎのみじん切り 1/2本分

 

 

焼き餃子の作り方

1.豚こま切れ肉(300g)を細かく刻む。

※ひき肉は使わず、豚こま切れ肉を刻むことで、ジューシーさを閉じ込める。

-

焼き餃子2.餡の材料を1の豚肉、こしょう(少々)、酒(大1)、醤油(大1)、オイスターソース(大1/2)、ごま油(大1/2)、生姜のみじん切り(大1)、長ねぎのみじん切り(1/2本分)を順にボウルに入れ、そのつどよく菜箸で混ぜる。

 

-

3.市販の餃子の皮(大判・薄め 1袋(20枚))の縁に水(分量外)を塗り、餡の1/20量を中央にのせる。

二つ折りにして縁の真ん中を指先で閉じ、右側でV字を作り、V字の一辺はそのまま閉じ、もう1片は餃子の中央に向けて、ひだを寄せながら閉じる。左側も同様にし、最後にしっかりと皮を閉じる。

-

焼き餃子4.フライパンにサラダ油(大1)をひき、餃子を並べる。強火にかけて20秒ほど動かさず、こんがりと焼き色がついたら、差し水(1/2カップ)をして蓋をし、2分焼いたら少しだけ火を弱める(弱めの強火)。

さらに2分焼き、香りが出て焼ける音がパチパチと変わったら蓋を開けて強火にし、30秒焼いて火を止める。

※強火で一気に焼いてジューシーに。

-

焼き餃子5.器に盛り、焼き餃子の完成。最初はそのまま食べ、途中から黒酢をつけて食べる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

餃子の人気レシピ

第1位

ジューシーな餃子☆

ジューシーな餃子☆

この餃子食べたら、もう他の餃子は食べられない!!って位おいしいです♪ 分量は大判約50~60個分です。多い方はまずは半量からお試しください。冷凍保存可能です。

第2位

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

我が家の人気メニューです。中はジューシー外はパリパリで、思わず食べすぎてしまいす。タネに下味をつけるのがポイントです。

第3位

とまらなくなる焼き餃子!

とまらなくなる焼き餃子!

次の日も食べたくなっちゃうくらい、はまっちゃいます!

第4位

栃木県民が伝授!餃子

栃木県民が伝授!餃子

餃子が大好きな栃木県民!お店で食べるのはもちろんのこと、自宅で沢山作って食べるのも大好きです♪

このページの先頭へ