春の豆すし

スポンサーリンク

春の豆すし

春の豆すし

料理名 春の豆すし
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年4月29日(土)

 

サラダのように色鮮やか

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「春の豆すし」の作り方を紹介しました。さやいんげん、そら豆、エンドウ豆と旬の豆をたっぷりと使います。おろしたてのチーズをたっぷり混ぜ込んで、マヨネーズや粒マスタードなどを加え、サラダのような少し洋風のお寿司に仕上げます。

スポンサーリンク

春の豆すしの材料(4人分)

 

<具>
さやいんげん 100g
そら豆(さやつき) 400g
えんどう豆(さやつき) 250g
ハム 150g
パルミジャーノレッジャーノ 30g
<味つけ>
マヨネーズ 40~60g
粒マスタード 適量
黒こしょう 適量
レモン汁 1個分
<すし飯>
2カップ
適量
<すし酢>
米酢 1/3カップ強
砂糖 大さじ3
小さじ2

 

 

春の豆すしの作り方

1.具の準備

春の豆すし●さやいんげん(100g)は1~2cm長さに切って、塩茹でし、水にとってざるに上げます。

●そら豆(さやつき 400g)はさやから外して切りこみを入れ、塩茹でし、ざるに上げます。

●えんどう豆(さやつき 250g)はさやから外して、塩茹でし、水にとってざるに上げます。

●ハム(150g)は、食べやすい大きさに切ります(またはちぎる)。

2.すし飯を作る。米(2カップ)は洗ってざるに上げ、40分ほどおいて洗い米にします。洗い米に対して2割引きの水で水加減して、普通に炊きます。

すし酢の米酢(1/3カップ強)、砂糖(大3)、塩(小2)を鍋に入れて弱火にかけ、砂糖が溶ければ火を止めます。

炊き上がったご飯を飯台に広げ、すし酢を全体に回しかけ、手早く混ぜます。うちわであおぎながら、天地を返して粗熱をとります。乾かなように濡れ布巾をかけておきます。

 

3.合わせる。すし飯に1の具を加え、パルミジャーノレッジャーノ(30g)をおろし入れます。マヨネーズ(40~60g)、粒マスタード(適量)、黒こしょう(適量)を入れて味をととのえ、仕上げにレモン汁(1個分)を絞ります。

春の豆すし

4.春の豆すしの完成。

春の豆すし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ