山菜の天ぷら

スポンサーリンク

山菜の天ぷら

料理名 山菜の天ぷら
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年4月1日(土)

 

山菜を変わり塩で楽しむ

おかずのクッキングでは、柳原尚之さんが「山菜の天ぷら」の作り方を紹介しました。ふきのとう・うど・こごみ・たらの芽を揚げて、春を満喫。変わり塩をつけていただきます。椎茸塩、茶塩、ゆかり塩の作り方も紹介します。

スポンサーリンク

山菜の天ぷらの材料(4人分)

 

ふきのとう 8個
山うど 1/3本(150g)
こごみ 8本
たらの芽 8個
<衣>
卵黄 1個分
冷水 1と1/2カップ
薄力粉 2カップ
揚げ油 適量
椎茸塩、茶塩、ゆかり塩 各適量

 

 

山菜の天ぷらの作り方

●山菜の下ごしらえ

・ふきのとう(8個)は花びらのような苞(外側の葉)を開いて花蕾を出します。

山菜の天ぷら

・山うど(1/3本(150g))は皮をむかずに7~8cm長さに切り、酢水(分量外)に浸けます。

・こごみ(8本)は、軸の下の方の黒い部分を切って洗い、水気を拭きます。

・たらの芽(8個)は、はかま(根元のかたい部分)をぐるりとむきます。

山菜の天ぷら

1.ボウルに卵黄(1個分)と冷水(1と1/2カップ)を合わせ混ぜます。ふるった薄力粉(2カップ)を加え、粉のダマが少し残る程度に軽く混ぜ合わせ、衣を作ります。

 

2.揚げ油(適量)を170℃に熱し、山菜に衣をつけてからりと揚げます。

3.山菜の天ぷらの完成。お好みの椎茸塩、茶塩、ゆかり塩などの変わり塩につけていただきます。

山菜の天ぷら

 

【椎茸塩、茶塩、ゆかり塩】の作り方

●「椎茸塩」
干し椎茸(乾燥)中1枚をすりおろし、小鍋でから煎りします。香りが出てきたら、塩(小1)を加えて、なじませます。

●「茶塩」
煎茶(乾燥)3gを細かく刻み、小鍋でから煎りします。香りが出てきたら、塩(小1)を加えて、なじませます。

●「ゆかり塩」
赤じその梅酢漬け(乾燥)3gを細かく刻み、すり鉢ですって、塩(小1)を加えて、なじませます。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ