大根の吉野煮

スポンサーリンク

大根の吉野煮

大根の吉野煮

料理名 大根の吉野煮
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年2月6日(土)

 

中までやさしい味を含んだ大根

おかずのクッキングで、柳原尚之さんが、「大根の吉野煮」の作り方を紹介。本来、くず粉を使ってとろみを付ける吉野煮ですが、今回はかたくり粉を使って手軽に作ります。温度が下がる間に大根がさらに柔らかく、甘くなるので、3回「湯止め」をするところがポイント!大根の甘みとあたたかなとろみが、口あたりのやさしい、冬のごちそうに仕上げます。

スポンサーリンク

大根の吉野煮の材料(2人分)

 

大根 6cm
米のとぎ汁 大根がかぶるくらい
白髪ねぎ(青い部分含む) 2cm長さ2本分
煮汁
だし汁 2カップ
大さじ1
うす口醤油 大さじ2
みりん、砂糖 各大さじ1と1/2
吉野あん
だし汁 1/2カップ
大さじ1と1/2
みりん 大さじ1/2
うす口醤油 小さじ1
少々
片栗粉 小さじ1

 

 

大根の吉野煮の作り方

大根の吉野煮1.大根(6cm)は、3cm厚の輪切りにして、皮を厚めに剥く。下になる面に十文字に切り目を半分くらいの深さまで入れる。

※十文字に切り目を入れ隠し包丁を

2.鍋に大根、米のとぎ汁(大根がかぶるくらい 1回目のとぎ汁)を入れて火にかけ、細串が通るようになったら、火を止めそのまま冷ます。冷めたら、米のとぎ汁は捨て、大根は水で洗う。

大根の吉野煮3.鍋に煮汁のだし汁(2カップ)を沸かし、酒(大1)、うす口醤油(大2)、みりん、砂糖(各大1と1/2)、大根を切り目を下にして入れる。落とし蓋をして中火で10分煮て、5分火を止める。

この、10分煮て5分火を止める、を合計3回繰り返して、味を含ませる。

※火を止めてそのまま冷まし湯止めを

4.吉野あんを作る。別の鍋にだし汁(1/2カップ)を沸かし、酒(大1と1/2)、みりん(大1/2)、うす口醤油(小1)、塩(少々)を入れて弱火にかけ、煮立ったら片栗粉(小1)を同量の水で溶いた水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつける。

※吉野あんは別に作る

大根の吉野煮5.器に大根を盛り、あんをたっぷりとかけ、白髪ねぎ(青い部分含む 2cm長さ2本分)を添え、お好みで一味唐辛子をふって、大根の吉野煮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ