京風キムチ鍋

スポンサーリンク

京風キムチ鍋

京風キムチ鍋

料理名 京風キムチ鍋
番組名 おかずのクッキング
料理人 坂本昌行
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年12月10日(土)

 

白味噌と白菜キムチで

おかずのクッキングでは、土井善晴さんがひとり鍋料理2品を紹介していました。ここでは、「京風キムチ鍋」の作り方になります。白味噌と白菜キムチを合わせた京風キムチ鍋。白味噌は米麹がたっぷり入った味噌で、塩気が少なく、旨味(甘み)の強い味噌だから、ただ水に溶くだけで充分においしく仕上がります。

スポンサーリンク

京風キムチ鍋の材料(1~2人分)

 

土鍋 直径21cm容量850mlの場合
豚バラ薄切り肉 70g
鶏もも肉 100g
タラの切り身 1切れ(80g)
タラ白子 60g
白菜 100g
長ねぎ 1/2本
油揚げ 1枚
ワカメ(戻したもの) 50g
2個
白菜キムチ 150g
白味噌の味噌汁 下記の全量
白味噌の味噌汁
白味噌 100g
2カップ

 

 

京風キムチ鍋の作り方

1.小鍋に食べやすく切った白菜(100g)、長ねぎ 1/2本(ほか玉ねぎなどもよい)を敷いて、かさ上げしたところに、タラの切り身(1切れ(80g))、タラ白子(60g)、豚バラ薄切り肉(70g)、鶏もも肉(100g)、油揚げ(1枚)などを入れて、盛りこみます。

あとから入れる餅(2個)、おおよそ煮上がってから最後に加える白菜キムチ(150g)、ワカメ(戻したもの 50g)は別皿に入れておきます。

2.白味噌(100g)を水(2カップ)に溶いて、味噌汁にします。小鍋に注いで火にかけます。中火強くらいで、ゆっくりと温めていってください。くつくつといってきた時に、餅を沈め入れて、煮立ったところに、キムチ、ワカメを添えていただきます。

京風キムチ鍋

●大きなお鍋で作った時は、火にかけながら食べると、食べ進むうちに煮汁が減って煮つまっていくのですが、これもまたおいしいものです。煮汁を足したり、煮つまりすぎれば、お湯を差します。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ