中巻寿司

スポンサーリンク

中巻寿司

中巻寿司

料理名 中巻寿司
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年1月7日(土)

 

海苔を横長において

柳原尚之の季節を噛みしめるのシリーズでは、「中巻寿司」を作って紹介していました。海苔を横長において巻く「中巻き」。具材の下ごしらえが済めば、あっという間に出来上がります。おもてなしにも、手でつまめる手軽さが嬉しい一品です。

スポンサーリンク

中巻寿司の材料(2本分)

 

<すし飯>
1と1/2カップ
350ml
 <打ち酢>
米酢 35ml
砂糖 小さじ2
小さじ1/2
<椎茸とかんぴょうのうま煮>
干し椎茸 3枚
かんぴょう 1本
<煮汁>
だし汁 1/2カップ
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
<きゅうり>
きゅうり 1/2本
少々
<薄焼き玉子>
1個
砂糖 大さじ1/2
サラダ油 適量
<海老おぼろ>
無頭エビ 150g
大さじ2
砂糖 大さじ2
少々
海苔(全形) 2枚

 

 

中巻寿司の作り方

1.【すし飯】米(1と1/2カップ)は洗って、分量の水(350ml)で加減して炊きます。炊きたてのご飯を飯台にあけ、米酢(35ml)、砂糖(小2)、塩(小1/2)を合わせた打ち酢を回しかけて混ぜ、ご飯全体になじんだらあおいで冷まします。

-

2.【椎茸とかんぴょうのうま煮】干し椎茸(3枚)は、前日から水に浸けて戻し、軸を切って厚めのせん切りにします。かんぴょう(1本)は、洗って塩揉みしてそのまま10分おき、水洗いをして塩(分量外)を落とし、鍋に入れ落とし蓋をして約8分茹でます。小鍋にだし汁(1/2カップ)を温め、砂糖(大3)、醤油(大2)、みりん(大1)を加えて、水気をきった椎茸とかんぴょうを入れ、落とし蓋をして煮汁がほぼなくなるまで弱めの中火で煮ます。

中巻寿司

-

3.【きゅうり】きゅうり(1/2本)は縦4等分に切り、薄く塩(少々)をまぶして、水気を拭きます。

-

4.【薄焼き玉子】ボウルに卵(1個)を溶き、砂糖(大1/2)を加えてよく混ぜます。玉子焼き鍋にサラダ油(適量)を熱し、卵液を流し入れて薄焼き玉子を作ります。粗熱をとり、縦8等分の帯状に切ります。

-

5.【海老おぼろ】無頭エビ(150g)は殻をむいて背ワタを除き、包丁で細かくたたきます。小鍋にエビ、酒(大2)を入れて菜箸3~5本でよくなじませてから中火にかけ、そぼろ状になるまで煎ります。水気が出てきたら砂糖(大2)、塩(少々)を加え、水分がなくなるまで煎り、キッチンペーパーの上に広げて、粗熱をとります。

中巻寿司

-

6.【巻き方】1のすし飯は200gずつにまとめます。巻きすを広げて、海苔(全形 2枚)1枚のつやのある面を下にして横長におきます。その上にすし飯をおき、上部を1cmほど残して全体に広げます。中央より少し手前に具を並べ、具を指で押さえながら巻きます。

中巻寿司

-

7.8等分に切って器に盛り、中巻寿司の完成。

中巻寿司


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

寿司の人気レシピ

第1位

これでマスター★基本のいなり寿司

これでマスター★基本のいなり寿司

具を含まない寿司飯を詰めたプレーンなタイプのいなり寿司です。だしが充分に染みた揚げさんの旨みを堪能できる一品。美味しく仕上げるコツも一緒にご紹介します。

第2位

簡単★我が家のいなり寿司♪

簡単★我が家のいなり寿司♪

簡単で、お財布にも優しい(笑) 「簡単♪酢飯★(レシピID1760004378)」も、ぜひご覧ください!

第3位

巻にコツあり☆ 驚くほど簡単「海鮮太巻き」

巻にコツあり☆ 驚くほど簡単「海鮮太巻き」

海苔巻のいいところはツボさえ押さえておけば何とか形になってくれるところです。具は思い切って多目にします。切らずに恵方巻きにも・・・

第4位

中身が見える 大葉と紅生姜と白ごまのいなり寿司♪

中身が見える 大葉と紅生姜と白ごまのいなり寿司♪

家族の好きな食材で、色がきれいないなり寿司が出来ました^^

このページの先頭へ