バナナフォンダンショコラ

スポンサーリンク

バナナフォンダンショコラ

バナナフォンダンショコラ

 

 

料理名 バナナフォンダンショコラ
番組名  おかずのクッキング
料理人 小林豊
放送局  テレビ朝日
放送日 2015年2月7日(土)

 

驚きの作りやすさと美味しさ!

ネットで話題騒然のスイーツ王子こと小林豊さんが、バレンタインにピッタリ!「バナナフォンダンショコラ」を作って料理初心者でも作りやすいレシピを紹介していました。焼き立てはとろ~りと、冷たくして、しっとりチョコレートでも美味しくいただけます。放送では生クリームにミントを飾って華やかに仕上げました。

スポンサーリンク

バナナフォンダンショコラの材料(4カップ分(直径7cm深さ5.3cm使用))

 

スウィートチョコレート(ミルクなしのチョコやビターな板チョコ) 100g
無塩バター 90g
2個
グラニュー糖 40g
トリュフチョコレート 4粒
バナナの輪切り 1/2本分
<粉類>
薄力粉 30g
ココアパウダー 10g

 

 

バナナフォンダンショコラの作り方

バナナフォンダンショコラ●薄力粉(30g)とココアパウダー(10g)は、合わせてふるっておく。

●バナナ(1/2本分)は輪切りにし、かわを戻しておく。

※バナナはむいた皮を蓋として戻すと変色しない

-

バナナフォンダンショコラ1、ボウルに小さく切った無塩バター(90g)、スウィートチョコレート(ミルクなしのチョコやビターな板チョコ 100g)を順に入れて湯せんにかけ、しばらくおいて溶かす。

泡立て器で中心を小さく混ぜて、空気を入れないように溶かしバターチョコレートを作る。

-

バナナフォンダンショコラ2、ボウルに卵(2個)をほぐし、グラニュー糖(40g)を入れて混ぜ、湯せんにかけながら泡立てる。

※温めて泡立てると焼いた時ふんわり膨らむ

-

バナナフォンダンショコラお風呂より少し低いほどに温まったら、湯せんからはずし、さらに泡が細かくなるまで泡立てて、常温に戻す。

白っぽくふんわりとなって、ぬるま湯ほどの温度になればOK!

※常温に戻し空気を含ませることで、柔らかい生地に

-

バナナフォンダンショコラ3、2のボウルに1の溶かしバターチョコレートを加えて、底からすくい混ぜるように合わせる。

-

バナナフォンダンショコラマーブル模様になれば、ふるっておいた粉類を加えて、ゴムベラで底からすくいあげるように混ぜ合わせる。

※生地を落とした時にリボン状に筋が残るほどになればOK!

-

バナナフォンダンショコラ4、カップの深さ半分ほどに生地を流し入れ、真ん中にトリュフチョコレート(4粒)をのせて、さらに生地を流し入れる。

-

バナナフォンダンショコラ最後にバナナの輪切り(1/2本分)をのせて、180度に温めたオーブンで15分ほど焼く。

-

バナナフォンダンショコラバナナフォンダンショコラの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ