バスケットハンバーグ

バスケットハンバーグ

バスケットハンバーグ

料理名 バスケットハンバーグ
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年2月25日(土)

 

バスケットに入れて、蒸し焼きに

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「バスケットハンバーグ」の作り方を紹介しました。すりおろしたじゃがいもを入れ、もっちりやわらかいハンバーグになります。また蒸すことで、ふんわりと仕上げます。

バスケットハンバーグの材料(4人分)

 

合いびき肉 220g
1個
小さじ1/3
ナツメグ 小さじ1/2
じゃがいも 220g
ほうれん草 150g
トマトケチャップ 適量
バター 20g

 

 

バスケットハンバーグの作り方

●下ごしらえ

・じゃがいも(220g)は皮をむき、すりおろします。

・ほうれん草(150g)は蒸し茹でにし、水にとって冷まし、水気をきって食べやすく切ります。

・アルミホイルでバスケットを作ります。破れないよう二重にしたアルミホイルで、直径10cm×高さ3cmほどの器を4個作る(フライパンに全部が入る大きさにすること)。バスケットの持ち手も、細長く折ったアルミホイルを箸にくるくる巻いてから、曲げて作ります。

1.ボウルに合いびき肉(220g)を入れて少し練り、卵(1個)、塩(小1/3)、ナツメグ(小1/2)を加えてさらに混ぜ、すりおろしたじゃがいもを合わせます。

バスケットハンバーグ

2.アルミホイルの器に、バター(各5g)、ほうれん草に塩少々(分量外)をして入れ、その上から生地を入れて広げます。

3.フライパンに2を並べて火にかけ、蓋をして中火で12分ほど蒸します。

バスケットハンバーグ

4.火が通れば、ケチャップを表面に塗り、バスケットの持ち手部分をハンバーグに刺して立てます。お好みで茹で卵や茹で野菜を添えます。

バスケットハンバーグ

このページの先頭へ