ゴーヤーチャンプルー

スポンサーリンク

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルー

料理名 ゴーヤーチャンプルー
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年7月30日(土)

 

夏の定番料理ゴーヤーチャンプルー

おかずのクッキングで土井善晴さんが、ゴーヤを使った夏の定番料理「ゴーヤーチャンプルー」の作り方を紹介していました。豆腐、ゴーヤー、豚肉を水が出ないように、それぞれを「焼き炒め」するところが土井流のポイント。フライパンに入れたら動かさず、じっと待って焼き色をつけましょう。豆腐は水切りをしないことで、全体がみずみずしく仕上がります。

スポンサーリンク

ゴーヤーチャンプルーの材料(4人分)

 

ゴーヤー 1本(280g)
豚肩ロース肉(生姜焼き用) 130~150g
木綿豆腐 1丁(300g)
2個
サラダ油 大さじ2
小さじ1と1/4
こしょう 適量
醤油 大さじ1/2

 

 

ゴーヤーチャンプルーの作り方

●下ごしらえ。ゴーヤー(1本(280g))は縦半分に切り、スプーンで種とワタを取り、2~3mm厚に切る。豚肩ロース肉(生姜焼き用 130~150g)は食べやすく短冊に切り、木綿豆腐(1丁(300g))はペーパーで表面の水分を押さえる。卵(2個)は、軽く溶いておく。

ゴーヤーチャンプルー1.フライパンにサラダ油(大1/2)を熱し、豆腐を適当な大きさにちぎりながら入れ、塩(小1/3)をする。焼き色がつけば返してさらに焼き、皿に取り出す。

※豆腐はしっかり焼き色をつけることで香ばしさアップ

2.フライパンにサラダ油(大1)を補い、ゴーヤーを入れて塩(小2/3)をする。焼き色をつけてなじませ、これも皿に取り出す。

※ゴーヤーも焼き色がつくまで油で焼き動かさない

ゴーヤーチャンプルー3.フライパンにサラダ油(大1/2)を補い、豚肉を広げ入れ、片面に焼き色がつけば、塩(小1/4)、こしょう(適量)をして、ゴーヤーと豆腐を戻し入れる。全体を大きく混ぜてなじませ、火を通す。

※豚肉も焼き色がつくまで油で焼き動かさない

ゴーヤーチャンプルー4.醤油(大1/2)を鍋肌から入れて、溶き卵半量を入れる。火を落として鍋返しして、残りの溶き卵を加えて火を通し、再び鍋返しする。

ゴーヤーチャンプルー5.器に盛り、お好みでこしょう(適量)をふって、ゴーヤーチャンプルーの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ