とりねぎたたき鍋

とりねぎたたき鍋

料理名 とりねぎたたき鍋
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年1月6日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、柳原尚之さんが「とりねぎたたき鍋」の作り方を紹介しました。柳原家に代々伝わる、すき焼き風の鶏鍋。盛り付け方で見た目も豪華なお客様用の鍋になります。

とりねぎたたき鍋の材料(5~6人分)

 

春菊 1/2束
しめじ 1/2パック
しらたき 1玉
焼き豆腐 1丁
庄内麩 1枚
長ねぎ 2本
1個
鶏むね肉(皮つき) 1と1/2枚
煮汁
だし汁 4カップ
砂糖 大さじ5
醤油 大さじ6
大さじ2

 

 

とりねぎたたき鍋の作り方

●具の下ごしらえ

・春菊(1/2束)は茎のかたい部分を切り落とし切ります。

・しめじ(1/2パック)は石づきを切り落とし、小房に分けます。

・しらたき(1玉)はほどいてから熱湯でアク抜きし、4cm長さに切り分けます。

・焼き豆腐(1丁)は縦2等分にして4.5cm厚さに切ります。

・庄内麩(1枚)はぬれ布巾で包んでやわらかくしてから、1cm幅に切ります。

・長ねぎ(2本)は1/4本をみじん切りにします。残りは5cm長さの斜め切りにします。

・卵(1個)は卵黄と卵白に分けます。

1.鶏むね肉(皮つき 1と1/2枚)の1/2枚は一口大のそぎ切りにします。

1枚は細切りにしてから、粗い角切りにし、重めの包丁で細かく叩きます。その上に長ねぎのみじん切りをのせ、さらに叩きます。溶いた卵白をのせ、まとまるまでさらに叩き、水大さじ1を加えて包丁でよく混ぜます。

2.鍋に煮汁のだし汁(4カップ)・砂糖(大さじ5)・醤油(大さじ6)・酒(大さじ2)を合わせてひと煮立ちさせます。

 

3.すき焼き用の鍋(浅めの鍋)に2の煮汁を適量はって煮立たせます。鶏たたき肉と卵黄を皿の上で混ぜ合わせ、箸で形を団子状にまとめ、鍋に入れていきます。

次に長ねぎの斜め切りを加えて煮ます。

4.残りの具は好みで加え、煮ながら食べます。煮つまったら、追加用の昆布だし(適量)を加えるとよい。

●追加用の煮汁は、水2カップに昆布5cm長さをひと晩漬け、強火で煮立たせアクを取り、こします。

このページの先頭へ